2009年12月13日(日) D川でクチボソ釣り

曇り一時晴れ

今日は朝から曇っていて、ちょっと出にくい空模様です。
出撃しようかしまいか、迷いながら午前中はパソコンの前でしたが、11時前頃にちょっと周りが明るくなってきたし、雨も降りそうにないので、少し早めのお昼の食事をして出撃です。

出撃先は前回と同じくD川です。

D川
D川到着はちょうど12時です。
今日も前回と同じく、橋より下流部の少し水深のあるポイントで竿を出そうと思います。
川縁から水中を覗くと、たくさん小魚がいるのが見えます。この様子だと撒き餌はいらないようですねぇ。
早速釣りの準備にかかります。

竿は1.8m延べ竿。
仕掛けは、普通のウキ釣りで、1本針。
針は、狐1号赤針。
餌は、焼きそば麺にエビ粉をまぶして、米粒くらいにちぎって針に付けます。

釣りの準備中にゴソゴソとしているので、魚が散らないかなぁと思っていましたが、準備が終わってから水中の様子を見ると、小魚が散らずにたくさんいます。

今日も調子良さそうな感じです♪
針に餌を付けて、一投目投入するが早いか、餌をめがけて一斉に小魚が集まってきます。

ウキが馴染む前からアタリが出始めて、馴染むと同時にスッとウキが沈みます。

軽く合わせをかけると、竿を持つ手にプルプルと小さな感触が伝わってきます。

本日の1匹目は、小さめのクチボソです。
次に釣れて来たのはカダヤシです。

さすがにこれだけ小さいと、針に掛かった感触をほとんど感じません。

カダヤシが釣れたのはこの1匹のみでした。

この後も前回と同様に、仕掛けを入れたら即アタリで、ウキが踊りまくりです。
でも、これまた前回同様、合わせをかけてもなかなか釣れません。
今度は少しだけ大きめのクチボソです。
これくらいの大きさだと、釣れたときのプルプルもしっかりと竿を伝って感じます。

今日は前回より空振りが少ないようです。
クチボソ釣りのコツがわかってきたのかもしれませんねぇ。

仕掛けを入れたら即アタリ・・・
合わせをかけて、空振りも多いけれどポツポツとクチボソが掛かってくれます。

竿の上げ下げも忙しいけれど、餌付けも結構忙しいです。

カウンターの数字も調子良く上がっていき、時間を見ると午後2時20分です。
釣りも十分楽しめたし、今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
 
午後12時〜2時20分まで、2時間20分ほどで、釣れたクチボソは全部で72匹です。
前回も2時間20分ほどでしたが53匹でしたから、今回は19匹多く釣れたことになります。
戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報