2012年12月23日(日)
宇治川水系某所&D川で小物釣り

晴れ時々曇り

今日はお天気が大丈夫そうなので出撃です。
行き先は、まず宇治川水系某所へ行って、そこそこ楽しんでからD川へ移動の予定です。宇治川水系某所は恐らく厳しいだろうなぁと思われるので、もし不調ならD川移動時間を早めようと思います。



宇治川水系某所
釣り場到着です。まずは小魚の群れがいそうなポイントを探すことから始めますが、なかなか群れが見つかりません。橋の上から上下流部を眺めていると、上流部に群れ発見!♪ 早速川縁に下りて竿を出すことにします。

竿:2.4m延べ竿。
仕掛け:普通のウキ釣りの仕掛けで、ハリ1本(新半月)。
餌:今日は赤虫はなく、紅サシ、練り餌2種類、黄身練りを準備しました。
撒き餌はナシです。

ウキ下を丁寧に測って、餌が川底スレスレくらいに来るようにウキ下を調節して、まずは練り餌から始めてみます。何回も仕掛けを出し入れして粘ってみますが、アタリも触りもありません。
う〜〜〜ん、、、、、厳しいですねぇ C= (-。- ) フゥー
それならば黄身練りに替えてみましょう。。。・・・で、、、黄身練りでしばらく粘っていると、ウキに小さなアタリが出ました。軽く合わせを掛けると、本日の1匹目ゲットです。 キタゾー!!(;`O´)o/ ̄ ̄~ >゚))))彡バタバタ
その後、割と短い間隔で次の1匹をゲット!♪ これが続けばありがたいところなのですが、なかなか思ったようには行きません。
またまた釣れない長〜〜い時間が、、、、、で、やっと1匹。。。1匹釣れると次がまたすぐに来てくれますが、その次が長いこと長いこと・・・・・・・・・・
あちこち小移動しながら仕掛けを入れるポイントを変えてみたり、餌を変えてみたりしますが次の1匹が釣れません。時間を見ると11時過ぎです。このまま釣り続けていてもどうなるやらわからないし、一旦竿をたたんでこのポイントでの釣りを終了です。
ここでは、1時間半ほど竿を出していましたが、釣れたのは○○○が4匹でした。

バイクを駐めていた場所に戻ってから、少し早めのお昼の食事をして、一息ついてから移動です。

D川
今度はD川にやって来ました。先週偵察で見ておいたポイントへまっすぐ向かいます。

竿:1.8m延べ竿。
仕掛け:普通のウキ釣りの仕掛けで、ハリ1本(新半月)。
餌:紅サシ、練り餌2種類、黄身練り。
撒き餌はナシです。

まずは紅サシからスタートします。
仕掛けを入れるが早いか、ウキは踊りまくり。あちこちへ引っ張られますが、合わせを掛けても空振りばかりでちっとも釣れません。
ならば餌を小さく切ってやってみましょう。。。
釣れてきたのは小さいクチボソです。餌を小さく切ったつもりでも、まだ大きいですねぇ。。。
アタリ・・・空振り・・・ アタリ・・・空振り・・・ が続きます。さてどうしましょうかねぇ。。。。。。。。。。

練り餌を出来るだけ小さく丸めてハリに付けますが、アタリが出ても釣れません。練り餌が溶けて小さくなった時は、釣れる前にハリに付けた餌がなくなってしまって釣れないようです。

ならば黄身練りをハリに巻き付けるように小さく付けてやってみましょう。。。
・・・で、、、どうやらこれが正解だったようで、釣れるペースが上がり出しました。
ただ、あまりにも餌が小さいので、最初の1発で釣らないことにはハリの餌がすぐになくなってしまいます。
ハリに黄身練りをチョボっと付けて、仕掛けを入れてウキが馴染むが早いか、小さなアタリが出ますので、ともかく軽く合わせを掛けると、プルプルと手応えが、、、、、
緊張感たっぷりでおもしろいですねぇ。。。魚の引きは楽しめませんが、緊張感たっぷりの繊細な釣りを楽しめます。
もう1匹・・・ もう1匹・・・ と楽しんでいるうちに、時間を見ると13時45分。ここで釣り始めたのは12時40分頃でしたので、1時間チョイ竿を出していたことになります。
釣れたクチボソは全部で42匹でした。釣り始めの30分ほどは、あの手この手でやっていて、2〜3匹しか釣れませんでしたが、黄身練りを使ってやるようになってからはかなりのペースアップです。
いちおう自分なりに納得出来る状況となったので満足して納竿としました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報