2014年11月23日(日)
宇治川水系某所で小物釣り

晴れ

前回の釣行から、早いもので、もう一週間が過ぎました。今日も途中でコンビニに寄り道してお昼のお弁当とお茶を調達して、先週と同じポイントを目指してバイクを走らせます。


宇治川水系某所
釣り場に到着したのは10時30分頃で、今日も先行者が一人おられましたが、先週おられた方とはまた別の方でした。
竿を出す前に少し声をかけさせていただいて、その方の右隣で釣らせてもらうことにしました。

竿:3.0mのべ竿
仕掛け:普通のウキ釣り仕掛け
針:新半月(タナゴ針)1本針仕掛け
餌:赤虫・ミミズ・黄身練りといろいろ試してみた。
釣りの終盤では、仕掛けのジョイント部に撒餌を付けてやってみた。
まず赤虫を付けて釣りスタートです。釣れて来たのは○○○の♀で、その後もポツポツと釣れますが、前回よりは食いが渋いようで、思ったように釣れません。先行者の方はもう帰られるとのことで、ポイントを譲って下さって、そこで釣り続けますが、やっぱり食いが渋いのかどうか、アタリが出ません。小魚は確実に仕掛けの周りにいるのですがねぇ・・・・・
先行者の方が帰られる前に、良かったらどうぞと、ミミズを置いて行って下さり、餌をミミズに換えると釣れ始めます。餌の差かなぁと思いながら釣り続けていると、釣れない状態になります。そこで赤虫に換えてやってみるとまた釣れ始めます。でもまたアタリがストップ・・・ 今度は黄身練りに変更してみるとすぐに釣れましたが、結局釣り続けているうちに釣れ止みます。その後も、赤虫に換えたりミミズに換えたりといろいろ餌を変えてみて何とかポツリポツリと釣ります。

時間を見るともう12時20分です。お腹も減ってきたことだし、この辺でお昼の食事&休憩とします。

午後から再参戦。
やっぱり餌に悩みながらの釣りとなりますが、ここまでで、釣れ具合の良い餌の順位を付けるとしたら、今日の場合は1番はミミズ、2番は赤虫、3番は黄身練りだと思います。

・・・で、ミミズで頑張りますが、自分的にはイマイチ・イマニ・・・
それならば・・道糸とハリスのジョイント部のサルカンに練りエサを小さく付けて撒餌代わりにやってみようと思い、即実行です。 これが当たりで、アタリが良く出るようになって、そこそこ釣れるようになりました。
そこで同じ仕掛けで赤虫だったらどう出るかと思い、ミミズから赤虫に換えてみましたが、特に問題なく釣れます。
撒餌なしの餌はミミズが良かったけれど、撒餌が入るとミミズでも赤虫でも、餌にかかわらずアタリも釣れ具合も変わらないということは、撒餌を入れない場合はミミズのニオイに集魚効果があるのかもしれませんねぇ。結局、撒餌を入れると効果てきめんということだと思います。

ここまでやったところで時間を見ると、14時30分です。いろいろ試して釣りを楽しんで、自分なりに満足することができたので、今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
今日は10時半頃からお昼の食事&休憩を挟んで14時半頃まで、4時間ほど竿を出していて、釣れた小魚は全部で56匹でした。前回来たときよりいろいろ悩まされて、あの手この手と工夫しての釣りでしたが、それなりに釣りを楽しむことができました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報