2015年5月30日(土)
J川&YTKで小物釣り

晴れ

前回(5月26日)にコアユ爆釣でしたので、今日は他の小魚を釣りたいと思い、J川へ行くことにしました。
家を出発して、いつものようにコンビニへ寄り道してお昼のお弁当とお茶を調達します。そしてJ川に向かってバイクを走らせている途中、携帯にメールが入ったのでバイクを停めてメールを見てみると、知り合いのFさんからのメールで「J川釣れません」とのことです。既にJ川で竿を出しておられるようです。
とりあえず自分の目でも確かめておきたいので、そのままJ川に向かいます。



J川
Fさんが竿を出しておられるポイントに行ってみます。はじめは雑談しながら見学ですが、確かに厳しそうです。・・・と、そのときウキにアタリを見ることが出来ました。アタリが出たと言うことは、いちおう魚はいるはずなので、私もFさんのお隣で竿を出させてもらうことにします。

竿:2.4mのべ竿。
仕掛け:ウキ釣りの新仕掛け。
針:新半月(1本針)。
餌:赤虫。
極小ラセンに撒き餌を付けて仕掛けを投入します。

流れがあるので、少し上流に仕掛けを投入して、少し流されて正面にウキが来たら一旦仕掛けを上げて入れ直します。何回も何回もその動作を繰り返しますが、ウキにアタリを見ることができません。
30分くらい粘ったでしょうか? 時間は11時を少し回っています。これ以上粘っていても釣れる気がしなくなってきて、釣り道具をかたづけてから、ここで早めのお昼の食事を済ませて、このポイントでの釣りを諦めて移動することにします。

YTK
J川がダメならおそらくHMKも望めないだろうと判断して、ヤリ○○○が良く釣れるYTKにやって来ました。
このポイントはいつ来ても水中の様子がよく見えるので、ホントに釣れるのか疑ってしまいますが仕掛けを入れたら意外と釣れることがわかっているので、躊躇せずに釣りを始めます。
竿:3.0mのべ竿。
仕掛け:普通のウキ釣り仕掛け。
針:新半月(1本針)。
餌:赤虫。
このポイントでは撒き餌はしなくても釣れるので、撒き餌はナシです。

ここも流れがあるので、上流に向かって仕掛けを入れて、ウキが流されて竿いっぱい下流部に流されたら仕掛けを上げて入れ直します。餌は川底を這うように流します。
これを何回も繰り返すのですが、その中で、時々ウキにアタリが出てくれます。釣れてくるのはほとんどキレイに色づいたヤリ○○○です。それほどバンバン釣れるわけではありませんが、飽きない程度に釣れてくれますから楽しめます。
結局14時チョイ前くらいまで楽しみました。ほとんどがヤリ○○○の中、1匹だけスゴモロコが釣れて、本日の釣果は、○○○19匹、スゴモロコ1匹でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報