2016年5月7日(土)
湖南某所でコアユ釣り

曇り

今日は朝から曇っていますが、天気予報では曇り後晴れなので出撃決行です。前回と同じく、10時過ぎ頃に早めのお昼ご飯を食べて、それから家を出発です。
朝9時前頃に友人からメール連絡があり、今日のオーク前は厳しいとのことです。そうなるとどこへ行こうかなぁと思いながら、バイクを走らせ、逢坂山を越えた辺りで今日のポイントは久しぶりに湖南某所にしようと決めてそちらへ向かってバイクを走らせます。



湖南某所
ポイントに着きました。相変わらずこのポイントは浅くて水底が丸見えです。障害物もほとんどなく、小魚がいたら見えるはずなので、ちょっと覗いてみると、小魚の小集団が見えましたが、こちらの気配を感じてサッと散って行ってしまいました。コアユかどうかわかりませんが、とりあえず竿を出してみることにします。
釣り準備を終えて11時20分頃釣りスタートです。

竿:5.4mのべ竿(硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針1号(1セット4本針)を2セット連結して、ラセンは仕掛け中央の連結部にセットします。
錘:0.8号ナス型。

水面に姿が映ると魚が散って行くので、岸より少し下がって隠れるようにして仕掛けを投入します。
竿いっぱい遠目に仕掛けを入れて、障害物のない水底なので、錘を底に着けてチョンチョンとしゃくりながら仕掛けを手前に引き寄せます。水深は50cm前後とホントに浅く、少し仕掛けを上げすぎると水面からラセンが上がってしまいます。
ホンマに釣れるのか不安になるほど何も見えません。

何回か仕掛けを入れなおしているうちに、仕掛けの周りにチラチラと小魚が見え始めて、その瞬間竿を持つ手にプルプルと感じます。本日の1匹目ゲットです!♪
それから後は、どこから出てくるのか?仕掛けの周りにコアユがチラチラと姿を見せ始め、針にかかって来た時にキラキラと光るのが見えます。
こうなるとできるだけコアユを散らさないように同じポイントを攻め続けます。そして、コアユの姿が見えなくなるとまた遠目に仕掛けを入れて引き寄せてきます。

あまり待たされることもなく、忙しすぎることもなく調子良く釣れ続きます。時々2連で釣れることもあって、なかなかおもしろいです。

何時頃からだったでしょう? 少し風が強くなってきて、波が強くなってきました。少し釣れるペースがダウンし始めて、辺りが濁り始めます。浅場ですからねぇ。ちょっと波が強くなってきただけですぐに濁ってきます。
濁ってきているというものの、仕掛けを入れているポイントの濁り方はまだマシで、ペースダウンしたというもののまだ釣れてはくれますが、仕掛けの周りにコアユがいるのかいないのかわからなくなってきました。

時間を見ると14時20分。カウンターは120です。いちおう束越えしているし、釣れるペースも落ちてきたし、今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
本日は11時20分から14時20分の3時間で120匹釣れました。1時間あたり40匹のペースですねぇ。
今日選んだポイントは久しぶりの湖南某所のポイントです。このポイントには最近人の入った気配を感じませんでした。もちろん今日ここで竿を出していたのは私一人だけでした。
水深浅く(50cm前後)水底砂地。水草はほとんど生えていないので根掛かりの心配は全くナシでした。
水底が砂地という環境もあって、帰ってからワタを出して確認したら、湖南のポイントとしては珍しくコアユが砂噛みとなっていました。湖西で釣れるコアユみたいに型が大きければまだ良いかもしれませんが、ここのは小さいですからねぇ。ワタを抜くのが面倒です。これまで砂を噛んでいない場合の方が多かったのですが、今日は当たりが悪かったのかどうか砂噛みでした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報