2018年7月9日(月)
宇治川水系某所で小物釣り

晴れ

今日は午前中は琵琶湖へアユの引掛け釣りをするべく出撃しましたが、先週の台風7号の影響で、大雨となり、琵琶湖の水位が非常に上がっていて、肝心のアユが琵琶湖岸で見られない状態となって、引っ掛け釣りを断念し、一旦家に帰りました。

琵琶湖から帰って、バイクに積んでいた釣り道具(引っ掛け釣り)を全部下ろして、小物釣り用の釣り道具を積んで、宇治川水系某所のポイントを目指します。

宇治川水系某所
こちらの釣り場も水が多いだろうなぁと思いながら釣り場に到着です。やっぱり水が多く、結構流れもあり、いつもと逆方向に流れています。 どこで竿を出そうかなぁと言ったところですが、ウキ釣りするには・・・少しでも流れが穏やかなポイントとなりますから、、、それならば、、というポイントを目指します。
ポイントに到着してみると、やっぱりこちらもかなり水位が上がってます。でも、流れが穏やかで、仕掛けを入れるポイントさえ合えばウキ釣りが可能なので、ここで竿を出すことに決定です。
竿:のべ竿3m。
仕掛け:普通のウキ釣り仕掛け。
針:新半月(タナゴ用の針)1本針。
餌:赤虫。

まずは水深を丁寧に測って、底スレスレに餌が行くようにして釣りスタートしますが、仕掛けを入れるポイントが少しずれただけでウキが立たない・・・
どうやら仕掛けが水中の藻の上に乗ってしまって、藻の切れ目に上手く入れないとダメみたいです。
水が濁っていて水中が見えないし、藻と藻の隙間がどこにあるのかさっぱりわかりません。
出来るだけウキが立つポイントに仕掛けが入るようにやりますが、ウキはピクリとも動きません。何回も何回も誘いをかけながら釣り続けますが、全くアタリなしの状態が延々と続きます。

そんな中、小魚の集団が水面に姿を見せてくれるポイントを発見して、その中に仕掛けを入れてみますが、やっぱりアタリも何もナシ・・・

見えてる魚は釣れないと言われますが、水面近くに見えているのを狙ってみることに変更して、ウキ下40cmもないタナを狙ってみましたところ、これがビンゴです。
1匹目はタモロコです(^-^) これで「ボ」はなくなってホッとしました。でも次までが長いですねぇ・・・
よぉ〜っく見てみると、小魚の集団は、浮いて流れている藻の下にたくさんいるようです。それならば、、と、、今度は浮いている藻の近辺に仕掛けを入れるようにしてみます。
どうやらこれも良かったようで、それほど調子良く釣れるわけではありませんが、釣れないこともない程度に、ポツッ・・・ポツッ・・・とタモロコが釣れ、○○○が釣れという状況になったところへ、スマホに大雨警報が入ってきました(-_-;) 西の空が暗く灰色になってます(-_-;) 降ってきたら大変なので、慌てて竿をたたんで本日のところは強制納竿です。
今日は久しぶりの宇治川水系某所でした。釣りをしていた時間は約2時間ほどで、釣れた小魚は、釣れる度に針から外したら全て放流して、カウントだけしていました。釣れたのはタモロコと○○○で、合計14匹でした。タモロコと○○○は半々くらいだったかなと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報