2018年7月11日(水)
HMK北水路&YTKで小物釣り

晴れのち曇り

今日も琵琶湖は水位が高く、アユの引っ掛けは無理と判断し、マル秘ポイントの水路へ小物釣りに行くことにします。いつもの時間に家を出ますが、今日も暑いですねぇ(;^_^A 家を出たとたんに汗が出てきました。

本日は、息子のリクエストにより、釣れた魚のうち何匹かを鑑賞用に持って帰ることにします。
昨日釣り仲間が小物釣りに出ていて、そこそこ釣れたとの報告を受けていましたので、出撃先はHMK北水路とします。

HMK北水路
堰の下流部 堰の上流部
釣り場に到着しました。水路には堰があって、その堰を挟んで下流部と上流部でやってみようと思います。
パッと見では3mくらいの竿が必要かなぁと思いましたが、小魚達は結構岸寄りに集団を作っているのが見えます。それならば、岸寄りを狙った釣りでやってみることにします。
まずは堰の下流部からやってみます。

竿:1.8mのべ竿。
仕掛け:普通のウキ釣り仕掛け。
針:新半月(タナゴ用の針)で1本針です。
餌:赤虫。

岸寄りに小魚が見えますから、見えてる辺りに仕掛けを投入して、少し待ってみてアタリがなければ仕掛けを入れ直し、時々誘いをかけてやります。
それを繰り返しているうちに、ウキにアタリが出て、合わせをかけると1匹目が上がってきました。1匹目は大きい目のタモロコです。
その後もボチボチですが小魚が掛かってきます。

掛かって来る小魚は、タモロコ、スゴモロコ、○○○です。

堰の下流部がイマイチになったら、今度は堰の上流部でもやってみます。堰の上流部も岸寄りに小魚達が見えますので、見えた小魚の近辺に仕掛けを入れて釣ります。堰の上流部では、○○○とタモロコが釣れました。

1時間ほど釣りをしていましたが、釣れる魚種が追加できず、結局釣った小魚のうち、元気そうなのを水を張ったクーラーボックスに入れます。

いちおう持って帰るだけは釣れたので、このまま帰っても良かったのですが、もう一種類魚種を増やそうと思い、計画になかったYTKへ移動してみることにしました。

YTK
ポイント上流部 ポイント下流部
HMK北水路も久しぶりでしたが、ここYTKも久しぶりにやってきました。水の量も流れもそこそこあるし、多分ヤ○○○○が釣れるだろうと期待して竿を出します。
竿:3mのべ竿。
仕掛け:シモリウキの仕掛け。
針:新半月(タナゴ用の針)1本針です。
餌:赤虫。

このポイントは流れがありますから、針に餌を付けて、上流部に仕掛けを投入し、流れに任せて仕掛けを流すだけでOKです。

第一投目を投入して、こちらに向かって仕掛けが流れてくる途中でアタリです(^^♪
1匹目は期待していた通り、ヤ○○○○です(*^_^;)_o/━━━━━━>゚)))≫彡 ~ ~ ~
いちおうお持ち帰りの魚種が1匹増えましたねぇ(^^♪

YTKでは、ヤ○○○○以外に、HMK北水路と同じ○○○も釣れます。
ここの釣り場では、頃良い大きさで、キレイなヤ○○○○を釣ったらお持ち帰りすることにして、それ以外のは、クーラーボックスに入れないで放流します。
思っていたより調子良くヤ○○○○が釣れたので、もう良いでしょう・・ということで、20分で釣り終了です。
結局全魚種合わせて、HMK北水路では14匹。YTKでは8匹の合計22匹釣ったことになりますが、お持ち帰りは9匹でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報