タモロコ釣りコーナー

(2007年12月16日に作成したページです)

タモロコをウエブで検索してみましたところ、一般には食用とはしないと書いてあり、本州中部以西の河川に棲息しているようで、琵琶湖のアユとともに移入した魚のひとつとされています。
多摩川水系、利根川水系ではとても数の多い魚で、流れのゆるい水草や植物の影などの下に多いとされていました。
どうやら元々琵琶湖にいた小魚のようですねぇ。
琵琶湖で有名なモロコはホンモロコでして、近年そのホンモロコは琵琶湖で釣れないことはないようなのですが、釣りに行っても数釣りはまず不可能な状況です。
最近ではホンモロコの釣り堀と言うのが出来て、有料で(聞くところによると3000円くらい)釣らせてくれるところがあるようですが、大量に釣って持って帰ることは出来ないようです。昔、琵琶湖ではバカみたいにホンモロコが釣れていた時期があったようですが、ここまで少なくなるとホンモロコは高級魚となってしまいました。
ホンモロコは素焼きで食べても、佃煮にしてもホント美味しい魚なのですが、一般に買って食べるとなるとなかなか手に入りにくく、手に入ったとしても高価なので、簡単に買って食べようと言うわけにはいきません。
ところが、このページでこれから紹介するタモロコは、食べてみると結構美味しく、本モロコの代用として十分利用可能だと思います。琵琶湖ではタモロコもあまり数は釣れないですが、本モロコほど釣れないことはなく、何とか食べられるくらいの量が釣れる場合があります。

このページとは別に「スゴモロコ釣りコーナー」で、スゴモロコの釣り方を紹介していますが、タモロコはスゴモロコを釣るのとはちょっと釣り方に違いがあるように思います。
管理人がタモロコ釣りを始めて数年経ちます。初めの頃はスゴモロコを釣るのと同じように考えていましたが、タモロコ釣りを続けているうちに、スゴモロコ釣りの仕掛けとか、釣り方では思ったほど数が釣れないことがわかりました。
このページでは管理人の経験を元に、タモロコの釣りの仕掛け、エサ、釣り方などを公開したいと思います。

タモロコってどんなの? 仕掛けは? エサは? 釣り方は? その他

タモロコってどんなの?

ちょっと写真が小さいですが、タモロコはこんな姿をしています。
タモロコ釣りに行ったとき、釣れたタモロコを入れ物に入れて撮った写真です。

このときは100匹には届いていませんでしたが、いちおう50匹オーバーで、88匹釣れました。(2007年9月22日)

50匹程度釣れると持って帰ってもいちおう佃煮で食べることが可能ですので、管理人の場合、50匹以上釣れたかどうかでリリースするか持って帰るかを決めています。

かなり小さなタモロコの写真です。
これくらいの大きさのタモロコが釣れるのは、7月下旬くらいの頃で、数釣り出来る機会が多いです。100匹オーバーとなることもありますが、型が小さいだけに数が釣れた割に嵩が低いです。

こんなときは、出来るだけ小さな釣り針を使って数を稼ぐように頑張るのみです。

これもタモロコですが、上の写真のと比べて、かなり大きいです。

この大きさだと嵩が高くなりますから、数が少なくても良いと言えば良いのですが、食べるにはちょっと大きすぎと言えば大きすぎですねぇ。

やっぱり食べ頃は7〜8cm程度の大きさのがいちばん食べ頃だと思います。
このページのTOPへ

どんな仕掛けを使うの?
ウキ+サビキ&スプリング仕掛け
ウキ+サビキ&スプリング仕掛けです。

この仕掛けはタモロコ釣りをする場合、管理人がいちばんよく使う仕掛けで、数釣りでいちばん実績のある仕掛けです。

竿の長さは釣り場所のポイントに合わせてください。ちなみに管理人の場合、3mののべ竿を使うことが多いです。少々広いポイントでも、4.5m程度の長さの竿としています。

道糸は、1〜2号程度のを使用しています。

ウキは、主にヘラウキを使っています。

錘の下にジョイント部を付けて、その下にサビキ仕掛けで針3本としています。
幹糸は0.8号で、エダスは0.6号を使用しています。
針は狐針の2号を使っています。

サビキ仕掛けのいちばん下には、ホームセンターで小さいバネを買ってきて、適当な長さに切って付けています。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、仕掛け全体の写真を こちら でご覧下さい。

その他の仕掛けとしてお薦め出来るのは、普通のウキ釣り仕掛けと言えると思います。
この普通のウキ釣り仕掛けは、タモロコだけでなく、いろいろな魚釣りに利用可能な仕掛けです。その他にもいろいろな仕掛けについて公開しているページがありますので、このページで紹介している以外の仕掛けを試しに利用してみたいと思われた釣り人は、「仕掛けのお話し」のページをご覧下さい。
このページのTOPへ

どんなエサを使うの?
仕掛けの針に付ける餌は赤虫がいちばん無難なエサだと思います。
ただ、この赤虫は保存が大変ですが、保存方法は こちら のページで紹介していますので、よかったら参考までにご覧下さい。
赤虫以外でも、ミミズ、サシ虫などでも代用可能と思います。管理人がよくタモロコ釣りに行くポイントでは、鮒釣りをされている方が練りエサを使っておられますが、小さな釣り針使用の釣り人の仕掛けにタモロコが掛かっているのを見ることが出来ますから、練りエサでも釣れるのだと思います。練りエサの場合、数釣りとなるとちょっと厳しいものがあるかもしれません。
仕掛けのいちばん下のバネのところには、鯉用の練りエサ(みどり)+ヘラブナ用の練りエサ(赤ヘラ)を1対1でブレンドして練ったのをダンゴにして付けて寄せ餌とします。
管理人の場合、この練りエサは自宅であらかじめ作って、ダンゴにした状態でテニスボールくらいの大きさに丸めて小さめのポリ袋へ入れて釣り場に持参して、釣り場ではビー玉とパチンコ玉の中間くらいの大きさのダンゴにしてバネにしっかりと付けています。
エサは十分練り込んで溶けにくいエサとしていますので、一回付けたら結構長持ちします。それだけ溶けにくいエサでも、付いているのと付いていないのとでは集魚効果がかなり変わります。

この練りエサは余ったら持ち帰って冷蔵庫の冷凍室へ入れておいて保存してます。
コアユ釣りの撒きエサと同じで、冷凍保存しておいたら持ってくれそうです。
このページのTOPへ 

どんな釣り方するの?
タモロコ釣りをしているうちに気がついたのですが、タモロコがよく釣れる(数釣り出来る)ときは、仕掛けを投入して仕掛けが沈んでいく途中で釣れることが多いことです。
スゴモロコの場合も、そのようなことがよくありますが、どちらかと言えばスゴモロコはエサが水底に着いてからでもよく釣れますが、タモロコの場合はエサが水底に着く前のアタリか、着いた直後の方がよく釣れます。エサが水底に着いてから待っていてもなかなかアタリが来ないし、もしアタリが来てもタモロコより小鮒とか小鯉が釣れることの方が多いです。
普通のウキ釣りでタモロコ釣りをした場合、エサは水底に着けてしまうより、水底に着けない方が釣れる場合が多いです。
そういったことから、エサは宙層にあって、寄せ餌を打ちながらの釣りとなると思いますので、前述した、「ウキ+サビキ&スプリング仕掛け」が有効と思います。

次に感じたことは、仕掛けが馴染むまでの間がポイントになるのではないかということです。
仕掛けを投入して、ウキが馴染むまでにアタリがあって、馴染む直前直後のアタリを合わせたときに釣れてくることが多いと思います。・・・ということは、ウキが馴染んでからしばらく待ってみて、アタリがなければまた投入しなおすことを繰り返した方が釣果に効果があると思われます。

ウキと仕掛けのバランスもできるだけこだわった方が良い結果が得られると思います。
仕掛け全体を作ったら、最初は釣り場に着いてから、ヘラウキの沈み具合の調節をしっかりすることです。
ヘラブナ釣りの経験がある釣り人はご存じと思いますが、仕掛けが全部水中に入った状態で(もちろん仕掛けの一部が水底に着いていない状態)、ヘラウキのトップの部分全体が水面に出るよう錘の重さを調節します。
ウキの調節が終わったら、いちばん下のバネのところにウキがゆっくり沈む程度の錘を付けて、ウキのトップが1cm程度沈むよう浮き下(深さ)を合わします。これで、練りエサが付いている間は、何もエサが付いていないときよりウキが少しだけ沈んでいることになり、水底には練りエサだけが着床していて、針に付いている赤虫は3本とも宙層にある状態となります。

以上のことより、タモロコ釣りのポイントをまとめると、以下のようになるのではないでしょうか。
タモロコは宙で釣る。
寄せ餌を打ちながら、魚をポイントに留めておく。
ウキと仕掛けのバランスにこだわる。
仕掛けの上げ下ろしをまめにして、魚の気を引く。
このページのTOPへ 

その他いろいろ
タモロコが釣れる釣り場
管理人がタモロコを狙って行く釣り場は、農業用水路であることが多く、場所も小場所で道も狭いので車での釣行は農家の方の迷惑にもなると思われます。また、多くの釣り人が押しかけた場合、田んぼの畦を踏みつぶしたりしてしまう可能性もあり、農家の方とのトラブルも考えられますので、このページで釣り場の詳細情報の公開は控えさせてもらいたいと思いますので、ご了承していただきますようよろしくお願いします。タモロコ釣りに行った場合の釣行報告は「マル秘ポイント釣行記」の方で報告していますので、興味のある方は覗いてみてください。
もしタモロコ釣りをやってみようと思われる釣り人がおられるなら、真鮒が釣れそうな水路とか川を探ってみてください。
意外と浅いところにもいますから、流れのゆるい水草や植物の影などの下をポイントにして竿を出してみたら釣れるかもしれません。
タモロコが釣れる時期
これも管理人が行く釣り場についてですが、だいたい7月下旬辺りから、11月初旬頃までが釣期と思います。
いちばんよく釣れるのは、暑い夏の間と思っているのですが、実際はどうなんでしょう?
現実にコアユシーズンに(5〜6月)タモロコ偵察に何回か釣行しているのですが、そのときにたくさん釣れた経験はありません。釣れたとしても1〜2匹で、ボーズのときもありましたからねぇ。
多分、春先に孵化したタモロコが大きくなって行く課程が7月下旬からなのかもしれません。11月以降は寒くて釣れないのか、ブルーギルとかブラックバスに食べられて減ってしまうのか???はたまた、釣り人に釣られて減ってしまうのか???
10月頃からタモロコが釣れる数が減ってくることも事実です。
タモロコの佃煮
これはホント美味しいです!
料理方法は基本的にコアユの佃煮と同じで(煮汁の作り方、魚の炊き方)、コアユの場合は臭み消しに山椒を使いますが、タモロコの場合は練りショウガ(土ショウガのおろし)を使います。
他にも、「大津・親子釣り日誌」管理人KURIさんの料理のページでいろいろな料理方法を紹介されていまして、その中でもモロコの料理方法を紹介されていますので覗いてみてください。
このページのTOPへ 

淡水小物釣りTOP 最新釣り情報<1> 最新釣り情報<2> コアユ釣り スゴモロコ釣り その他の釣り 自作の仕掛け 仕掛けのお話し
管理人ushisanのお薦め情報 ushisanのお薦めフィッシングアイテム 携帯に便利なペンロッド お魚の携帯ストラップ