2017年 ワカサギ釣り情報

<< 余呉湖・布目湖・上津ダムの情報 >>


思いのほか渋かった布目・焼却場のワカサギ(布目湖情報)
投稿者:眩影 投稿日:2017年 3月18日(土)21時44分1秒
 既に家族に「ワカサギもういらんで」と言われるほど釣ってるんですが、やっぱり行ってしまいました布目ダム。ポイントは焼却場、8時〜16時の8時間で72尾、262gで1尾あたり3.6gですから型はまずまずですが、数は束に届かず…思いのほか渋かったです。並びで釣ってた中ではよく釣ってるほうだったようで、初心者さんは「ボ」食らってる人もいました。先客に訊くと先週もかなり渋かったと言ってましたので、布目が渋いというより焼却場が渋いのでしょう、先週コスモス広場は好調でしたし…。
 午前7時半頃に現地着、先客4名…土曜日にしては空いています。入り口の最人気ポイントに陣取っていた常連さんは午前4時着だそう…未明の暗い間に投光器で寄せたら入れ食いなので、そんな時間からやるのだそうです。いくら入れ食いでも氷点下の暗闇の中ですよ…すごいガッツ(^^;。
 ほとんど足元〜竿下でアタるのですが、タナは4ヒロで手持ちの5.4mのハエ竿では届かないので投げ釣りを投げずに「落とし釣り」。10時ぐらいまでは好調に釣れていましたが、やはり昼が近づくと徐々にアタリが遠くなり、ついに途絶…15時過ぎにやっと釣れだしましたが、1時間ほどでマキエ切れ納竿でした。ワカサギシーズンもあと2週間を切りました…もう1回行くか、それとも他に行くか…。コアユ、ホンモロコが釣れ始めるかどうかですね(^^;。

布目ダムも順調です。(布目湖情報)
投稿者:眩影 投稿日:2017年 3月12日(日)20時58分29秒
 上津ダムのワカサギは絶好調、布目ダムのほうはどうかな?と思い、釣行してきました。コスモス広場北ワンドにて午前7時半〜午後4時の間に176尾の釣果で布目のほうも順調です。やはり、今年の布目のワカサギは型が良い…重量では652gで1尾あたり3.7gでした。12cm程度のものも混じりました。前回の上津のワカサギは平均3.0gでしたので、一回り以上大きい感じです。
 延べ竿では残念ながら早朝の接岸している間だけ、日が上がると投げ釣りでないとダメです。投点10m以内、タナ6〜7m程度でアタリが多いのは上津ダムとほぼ同じ傾向でした。ただ上津では概ね一日中釣れるのですが、布目ダムでは正午をはさんだ3時間はピタリとアタリが止まります。時速は日平均では20尾程度ですが、釣れてる時間帯は時速40尾近い入れ食いでした。
 それにしても、布目もすっかり春の様相です。朝こそ冷え込んで霜が降りていましたし風はまだ冷たいですが、日が上がるとポカポカと暖かく、ウグイスがあちこちで鳴き蚊柱が立っていました。上津は名阪国道の脇で結構五月蝿いですが、布目では鳥の声と仕掛けが着水するポチャという音以外全くの無音、写真をごらんの通り足場も良くリラックスして釣りができます。穏やかな春を感じたい方は是非行ってみてください。

上津ダムのワカサギ、ラストスパート入りか(上津ダム情報)
投稿者:眩影 投稿日:2017年 3月 5日(日)00時05分57秒
 今週末はやっと休みでしたので、上津ダムへ出撃してきました。午前9時〜16時の7時間で250尾750gの釣果、1尾3.0gですから型は下降線ですが数は伸びます。手返しの悪い投げ釣りで時速35尾ですから、ほぼずっと投入してすぐアタリがある状態でした。上津ダムは3月に入ると調子が上向く場合が多いのですが、今年もラストスパートに入ったようです。まだ延べ竿ではポイントに届きませんが、2月に比べると近投・浅ダナでアタってくるようになりましたので、水温が上がれば延べ竿で釣れるほど接岸してくるかも。
 今日は仕事疲れで朝イチ入りできず、のんびり8時半に前回と同じ上津ダムの舟橋南西岸に到着、先客6名で土手部分は満員でしたのでコンクリ護岸側へ入りました。ここ、写真見ての通り滑り台並みの傾斜で脚がすっごく疲れるし荷物置き辛いしコケたらそのままドボンだしでニガテなんですが、仕方ありません(^^;。
 このポイントは舟橋に近いほど水深があるので、コンクリ護岸付近では沖でも水深は8ヒロぐらいです。ウキ下7ヒロで始めましたが、オモリが底に付いてウキが寝てしまう位置でアタリがあります。あれれ?前回と状況が違う…どんどんウキ下を浅くしていって、最終的には投点10m以内、ウキ下4〜5ヒロ(6〜7.5m)ぐらいで良くアタリがありました。鯉のぼり状態は少ないですが3連ぐらいは頻繁にあるので結構時速が上がりました。午後3時を過ぎると日陰になってしまい、風も出てきて寒くなってきたのでカウンタ読み2束半行ったところで納竿。
 ちなみに道具立てはサビキ竿3.6mにリール2000番、ラインはナイロン1号、遊動ウキ3号(自作連珠ウキ)に仕掛けは市販の金袖2号6本針、オモリ3号、餌はラビットワーム(白)でした。そうそう、前回のネコちゃんは今回もいました…他のおっちゃんを籠絡しておりました(>▽<)。悪い奴っちゃな〜(笑)。

上津ダムでざっくり束(上津ダム情報)
投稿者:眩影 投稿日:2017年 2月20日(月)18時04分31秒
 2/20、午後から荒れ模様の予報でしたが休日出勤の代休で折角の平日休みだったので、上津ダムへ出撃してきました。お持ち帰り70尾で225g、1尾平均3.2gですから布目に較べると型は小さく痩せています。
 ポイントは舟橋南西側の土手、まぁ竿出せればいいやと、ゆっくり目の午前8時着…誰もいません。ここは釣れ盛っていれば平日でもズラリと竿が並ぶポイント、対岸に見える人気ポイント舟橋下にも人影なし、貸切状態…不安が漂います。湖面にワカサギの波紋は全くないので、投げ釣りで攻めることにします。ここの湖底の地形はV字谷で20m遠投して満水時の水深15mぐらいですから、とりあえずウキ下8ヒロで遠投して手前に誘い寄せながらタナを探ってみると1投目からアタリ。岸から10mぐらいでアタるので、ほぼベタ底にいるようです。
 竿を2本出して遠投ウキ下10ヒロ前後+近投ウキ下8ヒロ前後の両方で釣れてきます。こんなベタ底のタナなら、ブッコミ釣りでも釣れるんじゃないの?と思ってウキを外してみても釣れました。最高でハリ7本にパーフェクト、時速20尾程度でしたので布目に較べるとアタリは多いです。13時頃風が強くなり、北の空にやる気まんまんの真っ黒な雲が迫ってきたので急いで退却しました。
 「あれ?8時から13時の5時間で時速20尾なら束行くやん?」とお思いでしょうが、だいたい束釣れてます。持ち帰り70尾なのは写真3枚目の可愛い悪女さんに懐かれて30尾ぐらいお裾分けしちゃったせい…なぅ〜、なぅ〜と可愛い声でおねだりして膝に乗ってくるので、すっかりカモられました…ネコ好きのおっさんの扱いに慣れてるな、こいつ…(笑)。

だんだん渋くなってる?布目湖のワカサギ(布目湖情報)
投稿者:眩影 投稿日:2017年 2月 4日(土)22時34分33秒
 上津のほうで良い情報を聞かないので、いつもの布目ダム・焼却場へ出撃してきました。最終釣果52尾、198gで数は前回を下回りましたが型のほうは平均重量3.8gで相変わらず良いです。名人クラスは2束上げてる人もいたので単に私がヘタなんですが、前回に比べてアタリ少なく退屈でした。
 午前7時頃現場着、先客は先週と同程度、先週とほぼ同じ場所に入りました。やはり全員投げ釣り、私も投げ一本です。朝イチは結構アタリがあり快調に釣れていたのですが、後ろの藪に仕掛けを取られるわリールがトラブるわでタイムロスしている間に時合いが終わってしまいました。午前9時ぐらいから正午ぐらいまで全くアタリなし…日差しポカポカだったのが唯一の救いでした。午後に入ってもアタリは散発的で、夕マヅメになっても前回のように投げたら即アタリという状況ではなく伸び悩みました。朝イチはタナ7ヒロ程度でしたが、どんどん深くなって夕方のアタリ棚はなんと11ヒロ=16.5m!海釣りでもめったにない程の深ダナでした。夕方用事があったので午後4時前納竿。
 今日も風が結構ありウキが見辛かったしタナも深いので、6号のポリカンウキにオモリ5号でした。ポリカンウキだとシルエットが大きいので写真のように逆光にさざ波が重なってもウキを見逃すことはないのですが、いかんせんこんな大きいウキ+オモリだとアタリがわからず、上げたら付いてたパターンが多かったです。ウキの視認性と感度は相反することが多いので悩ましいですね。よく釣ってる人は極力小さいポリカンウキ、または天秤カゴ釣りに使う遠投ウキでしたので次回はそれ使ってみようと思います。
 又聞きになりますが、上津ダムのほうは1月中旬の大雪を境に状況が極端に悪化しているようです。おそらく除雪のために大量の塩カル(融雪剤)を撒いたのが湖に流れこんで、ワカサギがそれを嫌って水質のよい深場へ逃げ込んだのだろう、とのことです。布目も同じ状況なら、しばらく接岸してこないかもしれません。なお、布目のほうでは放流したワカサギの一部が大量死して絶対数が少ない模様です。数が少ないから餌が行き渡って型がいいのですね。でも上手い人は束行ってるし、私も投げ釣り苦手とか言ってないで修行を積まなければ(==)。

今年は型がいい布目湖のワカサギ(布目湖情報)
投稿者:眩影 投稿日:2017年 1月28日(土)23時48分42秒
 好天に恵まれた1/28土曜日、今年初のワカサギ釣りに行ってきました。最終釣果65尾と数は上がりませんでしたが今年は型がよく、8〜10pクラスがほとんどで総重量255g、1尾あたり3.9gありました。昨年はゴマメみたいなのばっかで、例えば昨春最後の私の釣果だと249尾で327g、1尾あたり1.3gでしたので3倍も大きいです。天ぷら最適サイズです。
 通称「焼却場」に午前7時半着、先客7名でカーブ手前に入りました。ちなみにこのポイントは入り口に近いほどよく釣れますが、だいたい常連さんが夜明け前からスタンバイしてるので、カーブまでに入れれば御の字です。全員遊動ウキにリール竿の通称「投げ釣り」でしたので私も倣って投げ釣り開始。タナ4ヒロでやってみますが全然だめ。先客にアドバイスを求めると「今年はまだ接岸してなくて、沖の深みにいる。なるべく遠投、タナは10m以上」とのことでした。実際、今日アタリが出たのは10m以上沖、タナ8ヒロ=12mという深場のみでした。
 こんなタナだと投げてウキが立つのに10秒以上、回収も20秒はかかるしバラシも増えるので数が上がりません。私は午後4時まで粘って65尾でしたが、パターンを熟知してる常連さんは束越え、出遅れて水深の浅い奥のポイントに入った人はボウズもありと釣果がバラついていました。釣ったワカサギを調べると卵を抱き始めていたので、遠からず延べ竿で釣れるぐらいまで接岸すると思います。
 ちなみに私の仕掛けは道糸ナイロン1号、袖2号6本針に餌は赤虫、撒き餌は削り粉、糠、パン粉等分ミックス、プラカゴを上に付けた遊動ウキ仕掛けでした。焼却場は背後が崖で後ろのスペースが無いので竿は3mぐらいまでがお薦めです。投げ釣りの場合、竿は投げられれば磯竿でもルアーロッドでもなんでもいいです。私は3.6mのサビキ竿を使います。
 余談ですが、釣ってたらドッボーンと派手な水音がして叫び声が聞こえたので見ると、釣り人が湖に転落して仲間に救助されていました。釣りしながら一杯やってたのが度を過ぎて、ふらついて落ちたようです。釣り場でのお酒は控えめにしましょうね(^^;。

余呉湖に行ってきました(余呉湖情報)
投稿者:湖西人3号 投稿日:2017年 1月22日(日)19時28分18秒
今日も余呉湖に行きました。みぞれ混じりの雨が降ってきました。上手な方は沢山釣っておられたのですが、なかなか渋かったです。釣れる場所が特定のところに偏っているようです。ベテランさんはどうもその場所をご存じのようです。私はあちにいったりこっちにいったりするものの釣果は伸びず・・・残念。
寒さと低釣果で干しワカサギにする元気も出ず、舟戸さんで天ぷらにしていただきました。自宅に持ち帰り、オーブンで温めておいしくいただきました。卵をだいていました。

余呉湖に行ってきました(余呉湖情報)
投稿者:湖西人3号 投稿日:2017年 1月 7日(土)22時41分44秒
今日は余呉湖に行ってきました。今日の余呉湖は渋かったです。腕のせいもあるのですが5時間で50匹程度でした。大きさは12cmくらいでした。卵をだいてました。ベテランさんも今年の余呉湖は大きいとおっしゃってました。
今日は素焼きにしてカンタン酢で美味しくいただきました。天ぷら、飴炊き以外にワカサギのおいしい食べ方ってありますか。

戻る