2007年2月1日 Y川 紹介(上流部)

雑記帳の1回目では、Y川の下流部を紹介しましたが、今度は上流部を紹介したいと思います。
ここで使用している写真は、1月30日午後に管理人が散歩に出かけたときに撮ってきた写真です。
この日は、前回出発点にした橋から上流部へ向かって歩きました。

初めは、Y川の右岸の堤防を上流部へ向かって歩いて行き、途中で左岸の堤防を歩いて更に上流部へ向かいました。

上流部へ向かって歩き始めてすぐのところです。

上の写真で橋の手前左側に階段が写っているところ近辺の川の中に、杭が2本立っているのですが、ちょうどその近辺の水の淀みのところに、白い鯉が1匹泳いでいるのを見かけました。

この淀みには、鯉だけでなく、小魚の群れも時々見かけられることがあります。

更に上流部に進むと、対岸(左岸)に支流の流れ込みが見えます。
この流れ込みがY川に注いでいる少し下手の流れが少し穏やかになっているところがあります。
今日は釣り人は見かけませんでしたが、このポイントでも時々釣り人を見かけることがあります。

Y川を更に上流部へ向かったところです。
ここから、Y川の左岸を歩きました。

左の写真の、左側の川は、A川で、右側がY川です。
ここで川が合流していて、これより下流部はY川と呼ばれています。

このA川とY川に挟まれているのが、K公園です。

合流部からY川の上流部にある堰のところです。
堰と言うより、段差と言った方がよいかもしれませんが・・・

この堰より上流部はかなり浅いところがたくさんあり、K公園側から河原に下りられるようになっています。
小さなお子様連れで、夏に水遊びをするのに適しているところと思います。

右の写真は、合流点よりA川側の堰のところですが、こちらも堰と言うより、段差と言った方が良いかもしれません。

やはりK公園側から河原へ下りることが出来ます。
こちら側は、水に入って遊ぶことも出来そうですが、場所によっては釣りも出来そうな感じがします。

夏になったら、網をもって魚を追いかける子供を見かけることがよくあるポイントです。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報