コアユ釣り仕掛けの収納


コアユ釣りはサビキ仕掛けでの釣りで、釣具屋さんから仕掛けを買ってきて、釣り場に着いてからその仕掛けを出して準備にかかる方もおられると思います。
さて、釣り場で準備中に、先客が次々とコアユを釣り上げられているところを見ながらの準備になると、早く釣りを始めたくて焦ってきます。こんな思いをした方は結構おられるのではないでしょうか?
また、釣りが終わってからさあ仕掛けを片づけようとしたときに、サビキ仕掛けを買ってきた元の仕掛け巻きに戻そうと思うと、またまた時間がかかってしまって、後始末の時もイライラとします。
まして、仕掛けに手を加えて、釣れるように改造されている場合は、いよいよ元の仕掛け巻きには戻せませんからねぇ。
これらのイライラを少しでも解消するために、管理人の場合はこんなことをしています。
他にも、いろいろな方法で仕掛けを収納されている釣り人もおられると思いますが、この雑記帳では管理人の収納方法について書いてみることにします。





仕掛け巻きには少し厚めの、撥水性のあるカレンダーがあると便利です。
まずカレンダーを幅20cmくらいに短冊に切って、その切ったのを何枚か用意します。カレンダーは出来るだけ縦に長い方が良いです。
切ったカレンダーの長い方の端に、糊を塗るか、両面テープを貼るかして、何枚かのカレンダーをつないでカレンダーの長い巻物を作ってください。ちなみに、管理人の場合は、この巻物の長さは約1.5m〜1.6mくらいあります。
巻物の両端は。カレンダーを折り曲げて、少し厚めにしておくとその部分が仕掛けの両端に来るので、仕掛け止めとして使えますから便利です。
サビキ仕掛けのジョイント部は、タル型サルカンやスナップを使って接続できるようにして、道糸、サビキ、ラセン、サビキ、ナス型錘の順に、接続します。
連結のイメージは「管理人自作仕掛けのコーナー」を見てもらえれば良いかと思います。
前記4までは、釣り場に行くまでに自宅で準備されると良いです。
仕掛けを準備されるときは、道糸とサビキとを連結するスナップ付きタル型サルカンの穴に、自分の背丈くらいの位置に画鋲か何かで柱などに止めておいて、仕掛けをぶら下げると仕事がやりやすいです。
仕掛けが出来上がったら、後はカレンダー(巻物)の片端にナス型錘を付けて、カレンダーに巻き込んで行くだけでOKです。こうすれば、錘もサビキ仕掛けもラセンももつれません。
道糸は現場に着いてからつながれても良いですし、それも面倒なら、自宅で竿を出してつながれても良いと思います。管理人の場合、道糸+サビキ仕掛けの全長は竿の長さとほぼ同じを基本にしていますから、竿の長さからサビキ仕掛けの長さを差し引いた道糸を準備して、家でつないでしまいます。
後は、この仕掛けを巻いたカレンダーを持って出撃です。

以下は、その仕掛けの実物の写真です。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、イメージだけでも参考にしてみてください。
道糸、目印、サビキ仕掛け、ラセン、ナス型錘、すべてこのカレンダーへ巻き込んでいます。巻き込んである仕掛けがどのような仕掛けなのかわかるように巻き始めの部分に書いてあります。

このカレンダーの巻物の外側にくるくる巻いてある赤い糸が道糸です。道糸の色は赤が良いわけでもなく、たまたま赤であるだけです。ただ、この糸は幹糸より太い糸を使っています。万が一、サビキ仕掛けが根掛かりして、切ってロストすることになっても道糸と目印は助かります。
竿の穂先に取り付ける部分です。
この部分を写真のようにしておくことで、穂先の蛇口に道糸を簡単に取り付けることができます。

結び目がほどけないようにしっかりと結びます。
結び方の名称は、たぶんチチワ結びとか言ったように思います。
穂先の蛇口に取り付ける前の一歩手前の状態です。
上の写真の下の輪の部分に道糸をくぐらせて輪にします。
この輪の中に穂先の蛇口を通します。
輪になった部分に穂先の蛇口を通したところです。
かえってわかりにくくなってしまったかな?

後は道糸部分を引っ張ったら、輪が締まって取り付け完了となります。
蛇口の先の結び目より穂先側に道糸の輪の部分が締め込んだ状態になって固定されます。

簡単に外れそうに思いますが、意外と外れないものです。仕掛けが道糸を引っ張る方向となるので、常に輪が締め込まれるので外れにくいのだと思います。

外すときは、チチワ結びの小さい方の輪を引っ張れば簡単に外れます。・・・と言うことは、釣りの最中に、竿先が木などに触れて、小さい方の輪が引っ張られる状態になった場合、この輪の部分が簡単に外れてしまうことになりますから要注意です。
後はカレンダーをほどいていけば、巻き込んである仕掛けが出てくることになります。

左の写真は、カレンダーで巻いてある道糸をほどいた直後の写真です。
カレンダーをどんどんほどいていくと、最初に道糸に取り付けた目印が出てきます。

左の写真は、その目印の付いた部分の道糸と一番上のサビキ仕掛けの連結部が見え始めたところを撮った写真です。

目印の位置は、後から変更できますから、全部サビキ仕掛けを取りだしてから自分の好きな位置へ目印を動かしてください。
更にほどいていくと、今度は上のサビキ仕掛けと下のサビキ仕掛けの間に連結しているラセンが出てきました。

このまま更にほどいて行きますが、サビキ仕掛けの入っていない側のカレンダーを巻きながらほどいていくようにすると、後片付けのときにやりやすいです。
左の写真は、ラセンが出てから更にほどいたところで、サビキ仕掛けの一部が見えているところを撮った写真です。

写真の上の部分には、まだ仕掛けとナス型錘が巻き込まれています。
下の部分は、ほどき終わって、何も入っていない部分です。
10 ナス型錘が見えました。

これですべてほどき終わったことになります。

後は、ラセンに撒き餌を付けて釣り始めれば良いです。
ここまでで、書けば長いですが、実際はさっと終わりますから、釣り場で仕掛けを出すのは、かなり早く出来ます。

後始末の時は、出すときの順番の逆ですから、カレンダーにまずナス型錘を巻き込んで、サビキ仕掛け、ラセン、サビキ仕掛け、目印の順に巻き込み、巻き終わったカレンダーのいちばん外側に道糸をクルクルと巻き付けたら終わりです。

以上ですが、仕掛けの収納についてある程度イメージしていただけたでしょうか?
他にも、釣り人によってはいろいろな収納方法で仕掛けを持ち運んでおられます。地元の釣り人で、自転車で来られている方の中には、直径1cm〜1.5cmくらいの筒状の透明プラケースに入れてまっすぐに張った状態にして持ってこられる方もおられます。
実際に釣り場に行くと、ホントみなさんいろいろ工夫されていますので、釣り場で他の釣り人のしていることも観察して、自分なりにアレンジするのもまた釣りの楽しみのうちかもしれませんねぇ。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報