気まぐれにご近所散歩

(京都・Y川&随心院)

2009年11月28日(土) 曇り

今日は朝から曇りで、釣りに出ようという気が起きてきません。もし晴れていたら問題なく出撃決定だったのかもしれませんがねぇ。。。。。
ちょっと表に出てみたら、駐車場に駐めてある車が濡れています。1,2台だけが濡れているのなら洗車でもされたのかなぁと思われますが、何台も濡れた状態ですから小雨でも降ったのかもしれません。
こんな空模様で出撃して、雨に遭うのも嫌だし・・・・・
・・・と思うとますます出撃しようという気がしぼんでしまいます。

結局出撃断念として、家にじっとしているのも不健康だし、ちょっとだけ散歩に出かけようと思います。
(画像の上でクリックしたら大きなサイズの画像を見ることが出来ます)

自宅から近所と言えばやっぱりY川縁ですかねぇ。
散歩目的でデジカメを持ってここへ来るのは久しぶりです。
春の桜の季節にここへ来たら、桜が綺麗に咲いていてお花見が出来ます。

川の下流部(南)へ向かってしばらく歩きます。
今日のY川の水はすごくきれいに澄んでいて、川底の様子が良く見えます。

この写真では見にくいと思いますが、川底には小魚がヒラを打っていてキラキラと光っています。
時々水面にも上がってきていて、水面に波紋が出ています。

この後Y川から少し離れて、外環状線を横断して小野方面へ向かいます。
小野と言えば小野小町で有名な「随心院」があります。

私は史跡巡りとかはしない方で、歴史とかにはあまり詳しくありません。
とは言え、せっかく通りかかったのだからちょっとだけ覗いて行きたいと思います。
門の入り口に看板があって、随心院について解説されていましたのでカメラで撮ってきました。

画像をクリックしたらいちおう文字が読める程度の大きさの画像を見ることが出来ますので、興味のある方は画像をクリックしてご覧下さい。
門の外側から内側に向かって写真を撮ってみました。

真っ赤な紅葉が引き立って綺麗ですねぇ!

この中を歩いてみることにします。
境内はこんな感じです。→

入り口の看板の解説によると、梅の美しい寺としても有名とかで、それなりの季節にここを訪れたら、梅の花を楽しむことが出来るのだと思います。
また、3月の最終日曜日には、「はねず踊り」が披露されるそうです。
おっ!?
入り口の看板に書かれていた「化粧井戸」です。

どんなのか覗いていきましょうか・・・
「小野小町化粧の井戸」です。→

階段を下りたところに小さな水溜まりと言った感じのところでした。

この井戸を見た後随心院を後にして、帰りに向かいます。
←帰りの途中再びY川縁を通りかかり、今度はY川の上流部に向かって写真を1枚撮って帰りました。

随心院へは、、、
京都市営地下鉄東西線小野駅下車。徒歩5分くらいで行けます。
また、史跡巡りに興味がある方でまだ行ったことがない方は、近くに醍醐寺や勧修寺もありますので、行ってみられるのも良いかも・・・

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報