4D 映画 「スパイキッズ」

2011年9月27日(火)

今日も映画鑑賞です。
9月17日に封切られた映画で、「スパイキッズ 4D ワールドタイム・ミッション」を見に行きます。
3D映画ではなく、4Dということで、立体映像+臭いがついているとか・・・
ストーリーはともかく、まずは話のタネにと思って行きました。
上映開始は12時5分からですので、前回同様上映前にお昼には少し早めの食事を済ませます。
映画館はMOVIX京都ですので、食事はお隣のドトールで済ませました。

チケットを買ったあと、待ち時間にお隣の紀伊國屋書店で時間潰しをして、上映15分ほど前にこの書店の6階のシアターへエレベーターで上がります。

シアターへの入場案内があるまで数分待ってから入場します。
シアターの入り口で、3Dメガネと、カードを渡されます。
このカードの裏側に、1〜8まで数字が書いてあって、数字のところがスクラッチくじのようになっています。

4Dミッションカードと書いてあります。
映画が始まってから、画面の中で出てきた数字に合わせて、その数字のところを指でこすって、こすった指を匂げば良いようです。
映画のストーリーが進むにしたがって、匂いが出る場面でそれを実行することで、画面のなかの匂いを実感することになります。

映画のストーりーは、、、
世界滅亡を企む悪党、タイムキーパーに世界時間を止めることが出来る秘石「クロノスサファイア」が奪われてしまった。
絶体絶命の危機を託されたのは、世界最強のスパイである母親を持つ双子の姉弟=スパイキッズ。
スパイを一旦休業した母親は産んだ1歳のベビーとともに戦いに参戦する。
そして、その仲間には可愛いロボット犬。
はたしてその運命はいかに・・・・・・・
悪党タイムキーパーの手下と、母親スパイのバトルから始まるのですが、これがまたとんでもない場面で、このスパイの母親は妊娠中で既に臨月に・・・
悪党タイムキーパーの手下を追い始めたときに、陣痛が始まって・・・

・・・こんな調子で物語が始まります。

スパイキッズが手にしたスパイアイテムを使って、悪党たちに立ち向かっていき、バタバタと悪党を倒していきます。

気分爽快・・・・・
笑いもあるし・・・・・
ロボット犬もしゃべるし、戦闘モードにすると、めっちゃ強い!

血が流れる場面とか、残酷な場面は一切なし。。。
安心して見ていられます。

見終わってから、思ったのは結構楽しい映画で、家族のつながりを大事にしたストーリーになっているなあと思いました。

お子様連れで見に行く映画としてお薦めです。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報