映画 「ステキな金縛り」

2011年10月29日(土)

今日は土曜定休日で、釣りにも行きたいけど映画も行きたいし、、、
・・・で、映画に行くことにしました。

今日も先週の土曜日と同じく単独です。

行き先はMOVIX京都。今日封切られたばかりの映画で「ステキな金縛り」を見に行きます。

上映時間は13時10分ですので、映画館へ
入る前にお昼の食事。今日は吉野家で牛丼カレーを食べました。

食事後上映時間までまだ1時間以上あったので、近くのロフトへ立ち寄って時間潰しをします。

その後MOVIX京都へ向かい、チケット購入。
ですが、まだ開映まで20分チョイあります。
ちょっと早いですが、シアターの前で待とうと思います。
上映20分前にシアターの入り口へ行ってビックリ!
いつもなら、15分前でも入り口近辺はガラガラなのに、今日は既にたくさんの人が入り口で待っています。

入り口にはまだ準備中の立て札が立ってましたので、先にトイレを済ませます。
トイレから出てくると、更に人が増えてました。

開映10分前にシアターへ入ります。
この映画はよほど前評判が良い映画だったようで、MOVIX京都のいちばん大きな10番シアターで、9割近くの席が埋まりました。いつもだったら、半分以上席が空いているのに・・・・・
もっと人が少ないのですが、これだけ多くの人を映画館で見るのは久しぶりです。
映画のあらすじ
失敗続きでもう後がない女性弁護士エミに、ある被告人の弁護の話が持ち込まれます。
資産家の妻殺しで捕まった男です。その被告人は、犯行のあったとき、完璧なアリバイがあると主張します。
その主張とは、犯行が行われたときに自分は、とある旅館に泊まっていて金縛りにあって身動きできなかったと。。。。。
無実が証明できるのは、一晩中彼の上にのしかかっていた落武者の幽霊だけです。
エミは早速その旅館へ訪れ、その幽霊が出た部屋に泊まって、落武者の幽霊、更科六兵衛に出会います。
そして、六兵衛に裁判で証言してほしいと頼みますが・・・・・


前代未聞、幽霊が証言台に立つという裁判が始まるわけですが、当然のことながら、幽霊は姿が見えず、声も出せずですから、大多数の人々には、なかなか理解できません。
そんな中、エミ同様、幽霊の姿も見えて、声も聞こえる人もいて、、、

西田敏行に阿部寛、竹内結子に浅野忠信に中井貴一と俳優陣も豪華です。
コメディータッチでほんわかとした感じで、笑い有り、涙有り、、、
私は映画とかテレビとかを見て、笑える場面があってもそれほど笑わないタイプなのですが、この映画の笑いのシーンでは、本当に腹の底から笑えましたねぇ。。。。。
もちろん館内のあちこちで笑いがいっぱいでした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報