映画 「マジック・ツリーハウス」

映画 「ミッション:インポシブル」

2012年1月7日(土)


今日はどちらかと言えば家内のリクエストで、家内と娘と3人で本日封切りの「マジック・ツリーハウス」を見に行きます。
行き先は毎度おなじみのMOVIX京都。上映時間は早めの9時50分のを見に行きます。
9時頃に家を出たらちょうど良い時間と思って家を出ましたが、地下鉄京都市役所前の改札を出たときは9時40分。。。。。


映画館に到着したのは9時46分で、チケットを買ってギリギリセーフ (-"-;A
もう10分ほど早く着くようにすれば良かった、、、、、チケット売り場が空いていて良かったです。

上映シアターは、6階の7番シアターで、既に本編前のコマーシャルが始まってました。

座席に着いてすぐに本編が始まります。
映画のあらすじ
本を読むことが大好きで、ちょっと内気な少年ジャック。
ジャックには人間にでも動物にでもすぐに友達になってしまうとっても元気な妹、アニーがいて、とっても仲良しな兄妹です。
ある日、2人が遊びに行った森の中で、木の上に乗った不思議な家を見つけます。
その家の中にはたくさんの本がいっぱいあって、その本に書いてあるところを指差して、ここへ行きたいと願ったら、その家がその場所に運んでくれます。
何とその家は、好きなときに好きな場所に時空を超えてタイムスリップできる魔法の家、マジック・ツリーハウスでした。
一番最初に行ったところは、恐竜が住む白亜紀の時代。。。
そこで偶然謎のメダルを見つけます。そのメダルを4個集めると、何か奇跡が起こるようです。マジック・ツリーハウスに乗って、メダルを探しながら兄妹の冒険が始まります。


冒険の中で、内気なジャックが、いろんな危機を乗り越えてたくましく成長し、仲の良い兄妹が助け合って行くことで最後に奇跡を起こします。
ちょと難しいところもありますが、幼稚園児くらいのお子様でもそれなりに楽しめ、何かを感じ取る事ができる内容の映画だと思います。
映画館の中は親子連れが多かったです。
映画を見終えて出てきた時間は、11時50分頃で、まだまだ早い時間です。

とりあえずお腹も空いてきたし、映画館横のドトールへ入って軽く食事を済ませます。

食事後、家内と娘はちょっと買い物へ行きたいとのことで、とりあえずドトールの前で解散しました。
家内達と別れてから、私もちょっとあちこちを歩いてみました。
通りのお店を見ながらブラブラと、新京極通りから四条通りへ出て、寺町京極を三条通りまで・・・帰ろうかなぁと思いながら時間を見るとまだ1時40分。。。

帰るにはまだ早いし、、、
時間的に、もう1本くらい映画を見てからでも良いかと思って、携帯でMOVIX京都のホームページを検索。。。
1時55分上映の「ミッション:インポシブル」にまだ十分間に合うし・・・
・・・で、もう一度映画館へ向かいます。

映画館の前で、家内にもう1本映画を見てから帰る旨メールを入れて、今度は単独で映画館に入ります。

上映シアターは、2階の3番シアターで、1階チケット売り場でチケットを買っている頃に上映の案内のアナウンスが聞こえてきました。
映画のあらすじ
スパイのイーサン・ハントはロシア・クレムリン爆破事件の犯行容疑をかけられます。アメリカ大統領は政府の関与への疑いを避けるため、ゴースト・プロトコルを発令します。
イーサン・ハントとその仲間達は組織から抹消され、情報もアシストも得られない状況で新たなミッションを言い渡されます。
そして真犯人に近づき、命がけでその黒幕達との危険な駆け引きに望みますが・・・・・


トム・クルーズがすご腕スパイ、イーサン・ハントを演じる人気アクション・シリーズの第4弾とか、、、
1〜3作まで見たことがなく、これが初めてです。
世界一の高層ビル、ブルジュ・ハリファの高層階へ外部からの侵入場面。その他にも様々な過激なアクション、、、
画面に目が釘付けになって、手に汗握ってハラハラドキドキの連続です。
絶体絶命の場面をいくつもくぐり抜けて、最後にミッション終了!
いや〜ぁ。。。スゴイスゴイ・・・・・

・・・ということで、、、本日は映画を2本見て帰りました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報