今日はお天気ヨシの水曜定休日です。久しぶりの映画鑑賞で、家内と二人で「バトルシップ」を見に行きました。
12時35分開映に間に合うよう、1時間40分くらい前に家を出てMOVIX京都へ向かいます。

いつもの市営地下鉄東西線、市役所前には
11時15分頃に到着で、映画が始まる前に食事をすることにして、これまた久しぶりに回転寿司のむさしに入ります。

11時半チョイ前頃にこのお寿司屋さんに入ったのですが、既にお客さんがたくさん入っておられます。

私たちは一番奥のカウンターに座りました。 食事を終えてお店を出たのは11時50分頃で、まだ映画の開映まで時間がありますが、とりあえずチケットだけでも買っておこうということで、映画館へ向かいます。

映画館前の新京極通りは、やっと店が開いたところで、道行く人もまだ少ないです。 映画館に到着して、チケットを買い終わったのは12時頃でしたので、館内に入って待つには少し時間があるし、15〜20分くらいの間、この近辺でウロウロして時間潰し。

開映20分前頃に館内に入って案内を待つ間にトイレを済ませて、、、

シアターへの入場案内があってすぐに入場です。 上映シアターは、北館の6階7番シアターです。

映画のあらすじ
映画の舞台はハワイ沖。世界各国の駆逐艦が終結して大規模な軍事演習が行われています。
その演習の最中に正体不明の巨大な物体が現れます。その物体は、地球からの友好的な呼びかけに応じて地球に飛来してきたエイリアン達の母船でした。
しかし、呼びかけを行った科学者達の意図に反してエイリアン達は未知の武器を使って激しい攻撃を仕掛けてきます。
その戦いの最前線に置かれたのが、演習に参加していたアメリカ海軍の新人将校アレックスとアレックスがライバル心を燃やす日本の自衛官の艦長ナガタでした。
弱点も戦略も読めない未知のエイリアン達の攻撃に対して、自分たちの知力や体力の限りを尽くしてエイリアンに立ち向かいますが、最前線の艦隊は壊滅・・・
アレックス達は命からがら逃げることは出来ますが・・・・・
一方、陸地では、アレックスの恋人や両足を無くして義足でリハビリ中の退役軍人、科学者達がエイリアンに立ち向かいます。
彼らはこの絶体絶命の戦いを切り抜けることが出来るのでしょうか???
そして、地球の危機を救うことが出来るのでしょうか???


この映画の始まりはアレックスの何気ない日常生活の一片から始まりますが、アレックスが軍事演習に参加して、海上でエイリアンとの戦いが始まってからは、手に汗握る緊張の連続です。
そんな中、最新鋭の兵器を使っての攻撃から、最後はほとんどアナログの退役軍艦を使っての攻撃有りの頭脳攻撃。
未知の敵を恐れない勇気ある行動、仲間に寄せる信頼と尊敬、大切な人に注ぐ揺るぎない愛等々・・・心に響くものを感じることの出来る映画だと思いました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報