映画 「ダーク・シャドウ」

2012年5月24日(木)


今週月曜日(21日)から水曜日(23日)までは愛媛の道後温泉へ出かけておりまして、今日(24日)は家内と映画鑑賞です。
道後温泉では写真をたくさん撮ってきていまして、現在整理中ですので、後日落ち着いたところで雑記帳へアップすることとして、今日はとりあえず映画鑑賞のお話とさせていただきます。


本日お目当ての映画は「ダーク・シャドウ」で、上映館はMOVIX京都、上映時間は13時20分のを見ようと思います。

いつものように市営地下鉄東西線に乗って京都市役所前で降車。
歩いて映画館のある新京極へ向かいます。

この時点でまだ11時45分頃でしたから、上映までには時間がたっぷりです。
「今日は何が食べたい?」
「そうやねぇ。あっさりしたものが良いなぁ。」

映画館に行く前に、迷わず河原町三条のいつもの回転寿司のむさしへ入ります。

これからの季節、暑い方へ向かっていますから、ここへ入る機会が増えるだろうと思います。
お寿司を食べてから映画館に向かいますが、上映までにはまだまだ時間があります。

とりあえず映画館でチケットを先に買って、開映までの時間潰しに家内と別行動することにして一旦ここで解散します。

待ち合わせ時間は開映15分前に映画館の前ということで、それぞれ思い思いの方向へ・・・・・
家内は新京極通りの元来た道の方へ、私は四条通りの方向へ向かって行きます。

何のあてもなくブラブラと、道の両側にあるお店を見ながら、何かおもしろいものはないかなぁと思いながら歩きます。

結局何か買い物をするでもなし、、、
ただブラブラと・・・・・
時間が経つのは早いもので、気がついたらもう開映15分前となりました。

13時5分にここで待ち合わせる約束でしたので、戻ってきました。

家内も既にここに戻っていて、合流後館内に入ります。
今日は、南の建物4階の10番シアターです。
映画のあらすじ
バーナバスは、アメリカのある町で有力者として裕福な生活を送っていた。彼は当時の使用人であった魔女のアンジェリークから猛烈にアプローチされるが、それを断ったがためにヴァンパイアにされてしまって生き埋めにされる。
生き埋めにされてから200年後に、ひょんな事からバーナバスは復活する。
その後、暗い秘密をひた隠す落ちぶれた子孫と出会う。バーナバスは、コリンズ家再建を末裔(まつえい)と成し遂げるべく、自らの父の言葉である「唯一の財産は家族」を胸に行動を起こす。
コリンズ家の没落の裏には、魔女のアンジェリークがかかわっていることがわかり・・・・・
果たしてバーナバスはコリンズ家を復興することができるのか???


突然現れた先祖(バーナバス)に驚き、困惑するコリンズ一家。時代感覚がずれたバーナバスの言動に家族はみんな困惑しっぱなし!

時には笑える場面もあり、、、、、

ヴァンパイアに、魔女に、幽霊、、、
そして、オオカミ少女まで出てきて最後のバトル!

それぞれ個性の強い役柄ばかりで、なんだかややこしい感じがする映画ですが、それなりにおもしろい映画だと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報