祇園祭り 花傘巡行

2012年7月24日(火)


今日は火曜定休日で、たまたま祇園祭りの花傘巡行の日です。祇園祭りと言えば山鉾巡行はよく知られていて、山鉾巡行で祇園祭りが終わると思われていますが、実は祇園祭りは山鉾巡行で終わりではなく、7月いっぱいまで続いています。
その祇園祭りの行事の中の花傘巡行が本日行われるので、またまたカメラを持って、家内と二人で観覧に行くことにしました。




巡行順路は、祇園石段下(八坂神社)→四条河原町→御池通→寺町通→四条通→東大路通→神幸通→八坂神社となっていますので、観覧場所としては、山鉾巡行のときと同じく、御池通りを選びました。
今日は河原町御池と寺町の間くらいの南側に場所を確保して巡行の行列が来るのを待ちます。
この行事をあまり知られていないのか、今日は平日であるせいかはわかりませんが、思っていたより観覧する人も少なく、この状況だと行列の近くで写真が撮れそうです。
花傘巡行は、別名「後の祭り」と呼ばれているそうで、もともと先の祭りと分かれて行われていた山鉾巡行が統合されたため、代わりに花傘巡行が始まったようです。
花傘は、山鉾巡行と異なって芸能的色彩が非常に濃く、傘鉾10基余、花車、舞妓さんの踊子屋台、獅子舞、雀踊り、祇園太鼓、六齋念仏などの行列があります。
巡行列をネットで調べてみると、「先祓−子供神輿−花傘巡行旗−神饌行列−神饌花車−祇園太鼓旗−祇園太鼓−花傘−金獅子− 銀獅子−幌武者−児武者−高士−馬長旗−八坂神社清々講社馬長−八坂神社婦人会馬長−祇園万灯会馬長− 八坂神社清々講社旗−八坂神社婦人会旗−久世六斎保存会旗−六斎−京都織物卸商業組合花傘− 花傘娘旗−花傘娘−織商鉾− 祇園東お茶屋組合花傘−小町踊− 先斗町お茶屋組合花傘−歌舞伎踊− 祇園万灯会旗−花傘−さぎ踊旗−さぎ踊−万灯踊旗−万灯踊−祇園囃子」とあるようですが、カメラマンの狙いは、やっぱり舞妓さんの踊子屋台でしょうかねぇ。さすがに誰が見てもそれとわかりますから、舞妓さんの踊子屋台が通過するときはカメラを持っている人は撮影に懸命です。
花傘巡行は山鉾巡行の時より規模が小さいので、行列が通過する時間も短かかったですが、とりあえず家内と二人で撮った写真は合わせて108枚でした。そのうち、24枚の写真を以下に掲載します。
画像の上をクリックしたら、大きい画像を見ることが出来ます。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報