映画 「デンジャラス・ラン」

2012年9月11日(火)


今日のお天気の予報では日中は小雨模様です。だからというわけではありませんが、今日は家内と2人で映画鑑賞です。
本日のお目当ての映画は、「デンジャラス・ラン」。見に行く映画館はMOVIX京都。上映時間は12時10分です。




市営地下鉄東西線の京都市役所前(河原町御池)で下車。河原町通りを南へ向かって歩きます。
家を出る前に少し雨が降っていましたが、家を出る頃には雨は降っていなく、ここ河原町通りも降っていませんでした。家内と2人で出かけるときは、ホント雨に遭うことが少なくて助かります。
河原町三条に到着したのは11時チョイ過ぎで、映画館に行く前に回転寿司のむさしで少し早めのお昼の食事を済ませておくことにします。
食事を済ませてから、三条名店街通りをブラブラと、MOVIX京都のある新京極通りに向かいます。
映画館に到着してから、チケットを買って、、、開映まで少し時間があったので、映画館横のゲームセンターで10分ほど時間潰ししてから上映シアターへ向かいます。「デンジャラス・ラン」の上映シアターは、南館の6階、11番シアターです。
映画のあらすじ
南アフリカにあるCIAの隠れ家に36か国で指名手配中の元CIAの腕利きエージェントであるトビン・フロストが連れてこられる。
彼が身柄を拘束されるやいなや、鉄壁の守りを誇るはずの隠れ家が何者かに襲撃される。隠れ家の管理責任者である新米CIAのマットは、何とかトビン・フロストを連れて敵から逃れるが・・・・・
武装して襲撃してきた彼らはいったい何者なのか?
トビン・フロストが狙われる理由は何なのか???
世界から狙われる男と運命をともに、危険すぎる逃亡劇が始まる。。。


かつて最強の名をほしいままにしてきた元CIAエージェントと、新米の現エージェントによるリスクの高い危険すぎる逃走劇を描いた作品なのですが、マットがフロストを連れて敵から逃れるところ辺りから、ハラハラドキドキのアクションシーンの連続です。
ともかく画面から目が離せません。

この逃亡劇の中で、、元CIA最強のフロストがそのマットの師匠のようにも感じられ、新米CIAのマットの成長が感じられたのは私だけだったのでしょうか?

結構楽しむことが出来た映画でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報