3D映画
「バイオハザードV:リトリビューション」

2012年9月25日(火)


今日は朝から涼しくて、半袖では肌寒いかと思っていましたが、10時頃に外に出てみると思っていたより暑く、結局半袖のままでのお出かけです。

今日も家内と二人で映画鑑賞。お目当ての映画は「バイオハザードV:リトリビューション」。2Dと3Dでの上映ですが、同じ見るのなら3Dのを見に行こうと思います。
開映時間は、12時ちょうどですが、出ついでに用事もあるので少し早めに家を出ました。




映画館はいつもお馴染みのMOVIX京都ですので、地下鉄東西線、京都市役所前で下車。河原町通りから三条名店街を通って、新京極の映画館に向かって歩きます。
映画館に到着したのは、11時チョイ前で、12時まではまだまだたっぷり時間があります。とりあえずチケットを先に買っておくことにします。
チケットを買った後は、先に早めのお昼の食事。今日も映画館横のドトールで食事します。
食事を終えたのが11時25分でした。開映までまだ35分ありますので、開映15分前に映画館で待ち合わせということで家内と別行動です。
私はとりあえず新京極通りを南へ、四条通りへむかってブラブラと・・・・・四条通りから東向きに河原町通り・・・・・河原町通りを北向きに歩いて、映画館へ戻ります。
河原町通りから新京極通りに入る路地を通って、MOVIX京都へ戻って来ました。映画館の北館と南館の間から、上映シアターの北館内に入ります。今日の上映シアターは4階の5番シアターです。
映画のあらすじ
大企業アンブレラ社が開発したウイルスがまん延した地球は、アンデッドであふれ返る状態になっていた。
アリスは、アンブレラ社に囚われ、ある極秘施設の中で目覚める。アリスはその巨大な施設から脱出しようとするが、気がつくと東京、ニューヨーク、モスクワなどの壊滅したはずの都市に移動している。
実は、その施設には、驚くべき秘密が隠されていた。しかも、全ての背後には、アンブレラ社をも裏切った最凶の黒幕が・・・・・・。元仲間がアリスを攻撃し、かつての敵が手を差し伸べる。アリスは誰を信じ、何を疑えばいいのか?そしてアリスの壮絶な戦いが始まる!

この映画はゲームを題材に映画化したもので、今回が第5作目とのことです。この「バイオハザードV」の予告を見た時に、いちおう見たい映画としてチェックしていて、公開までにストーリーの流れを知っておきたく、1作目から4作目までのDVDを買って来て家で見ました。
ゲーム感覚で見て、バトルシーンも正にゲーム感覚で、残酷な場面も多いですが、ゲームを映画化したものだと割り切って見ることで、ハラハラドキドキして緊張感たっぷりの楽しめる映画だと思います。
この手の映画は人によっては苦手な人もいると思いますが、それなりに見て単純に楽しむことでヨシと出来る映画ではないでしょうか。

多分(いや、きっと)この映画の続編が出るのだと思いますが、もし出たら結局見に行くのだろうなぁと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報