映画 「リンカーン 秘密の書」

2012年11月8日(木)


今日も家内と映画鑑賞です。見に行く映画は「リンカーン 秘密の書」。上映館はMOVIX京都。開映時間は、12時35分です。



京都市営地下鉄東西線、京都市役所前で下車し、河原町通りを三条へ向かって歩きます。
いつものように開映時間より早めに着いて、河原町三条のすき家さんで早昼を済ませます。
食事後、開映までまだ時間は十分ありますので、先に映画館でチケットを購入します。
チケット購入後、開映15分前に映画館で待ち合わせる約束で、家内と別行動です。
家内は寺町通りへ、、、私は四条通りの宝くじ売り場へ向かいます。昨日からレインボーくじが発売されているので、そのくじを買いに行きます。
宝くじを買った後、四条通りを河原町通りに向かって歩き、河原町通りから北向きに三条通りへ向かって歩いて映画館を目指します。

その途中、立て札があるのに気付きました。
今まで何度もこの道を歩いているのにちっとも気付かなかったのが不思議ですねぇ。
「坂本龍馬・中岡慎太郎 遭難の地」と書いてありました。
興味ある方は、左の画像をクリックしてみてください。拡大画像を見ることが出来ます。
MOVIX京都へ戻って来ました。開映までにトイレを済ませてからシアターへ向かいます。今日の上映シアターは、北館地下2階の2番シアターです。
映画のあらすじ
リンカーンは幼い頃に母親を亡くすが、その母親を亡くした原因はこの国に住む闇の勢力、ヴァンパイアであることを知った。
復讐を誓った彼は、使い慣れた斧を武器に激しい修行を積み、ハンターとなってヴァンパイアと戦う。
やがて、黒人奴隷の売買によって食料となる人間をヴァンパイアたちが確保し、それを悪用して政治家が富を得ている事実を知る。
彼個人の力だけでは彼らに太刀打ちできないと感じたリンカーンは、政治の道へと進んで大統領になる。そして、昼は大統領として責務を果たし、夜はハンターとしてヴァンパイアと戦って倒していくのだが・・・・・


・・・ん なことはないだろう、、、
だけど、発想がおもしろいですねぇ。。。

リンカーンがハンターとなってヴァンパイアと戦うシーンは、見ていてもハラハラドキドキもので、緊張感たっぷりで楽しめます。
残酷な場面も少なからずありますが、完全娯楽映画と割り切って見たら、それなりにおもしろくて楽しめる映画だと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報