3D映画 「フランケンウィニー」

2012年12月20日(木)


今日は映画鑑賞&千葉に住んでいる孫(私の娘の子)へのクリスマスプレゼントの買い物に行きます。買い物は京都駅前のヨドバシカメラと決めていましたので、京都駅へ行きやすい映画館に行くことにします。
お目当ての映画は、「フランケンウィニー」。上映館は、TOHO CINEMAS。開映時間は、11時35分です。




京都地下鉄東西線、二条駅に到着したのは10時30分過ぎ。映画の後のことを考えて、映画の前に先に食事を済ませることにします。
11時からだと食事の出来るお店が開くのですが、11時からだと食事の後が忙しくなりそうなので、建物の入り口横のパン屋さんでパンを買って、お店のカウンターで食事を済ませます。
食事後、中途半端に時間があったので、1階の大垣書店で時間を潰して、エスカレーターに乗って4階のシアターへ向かいます。
シアター前に着いてから、まずトイレを済ませて、チケットを買ってシアターへ入場です。今日の上映シアターは、2番シアターです。
シアターに入って座席に腰掛けたのは私たち夫婦のみ。結局映画が始まるまで誰もシアターに入ってきませんでしたから、観客は私たち2人だけの貸し切り状態です。今まで何十回と映画館に来ていて、観客がすっごく少ないのは何回か経験していますが、私たち夫婦2人だけの貸し切りで映画を見るのは初めてです。
こんなこともあるものなのですねぇ。。。。。
映画のあらすじ
毎日大好きな科学に夢中になっている少年ヴィクター。そんな彼には友達が一人もできず、愛犬スパーキーを相手に楽しい毎日を送っていた。
ある日思いも寄らぬ事故が起きて、スパーキーは天国へと旅立ってしまう。深い悲しみに沈んでいたヴィクターだったが、次第にスパーキーをよみがえらせたいという強い気持ちを抱くようになっていく。そして、学校で学んだ少しばかり危険な科学の知識を駆使してスパーキーの蘇生に成功する。
彼はよみがえったスパーキーを人目に触れないように隠していたが、その姿を同級生に見つかってしまい、誰にも言わない約束でスパーキーの蘇生の秘密を教えるが、、、、、
その後にとんでもない出来事が・・・・・・・・・・


この映画はモノクロ映画なのですが、色がないことをあまり感じさせない映画です。モノクロでいて、モノクロでないと言いますか、モノクロの中で色を感じさせる映画だったのでしょうかねぇ。。。
物語はハッピーエンドとなるのですが、どうでしょうかねぇ?? ハッピーエンドで良かったのかどうか、見た人の意見が分かれるところと思いました。
ちなみに、私個人の思いとしては、ハッピーエンドでない方が良かったような気がしましたが・・・
映画を見終えてから、映画館前のJR二条駅から電車に乗って京都駅に向かいます。
二条駅を出て2駅目が京都駅です。京都駅正面改札口を出て、京都タワーの前を通ってヨドバシカメラに向かい、買い物を済ませてから帰路に着きました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報