映画 「大奥 〜永遠〜」

2012年12月25日(火)


今朝はすっごく冷え込んでます。午前中出かける前にちょっとした用事を済ませてから、10時過ぎに家を出ます。
今日も家内と二人で映画鑑賞です。お目当ての映画は、「大奥 〜永遠〜」。上映館はお馴染みのMOVIX京都。12時30分開映のを見に行きます。京都市営地下鉄東西線に乗って行くのですが、東西線に乗る前に少し所用で寄り道をしてからです。




京都市役所前(河原町御池)に到着したのは、11時チョイ過ぎで、開映まで時間があるので先に食事を済ませることにします。
すっかり馴染みになってしまった回転寿司のお店で食事です。今日のお寿司はいつもと違って(?)結構美味しく、「今日のは美味しいね」、「うん、ごはんが美味しいね」と言いながらパクパクと調子良く食べました。
食事後、まだ時間がありましたが、先にチケットを買いに行くことにします。途中三条名店街通りを通ります。
名店街通りは、今日で終わりのクリスマスバージョンです。次に来た時はお正月バージョンなのでしょうねぇ。
映画館に到着です。チケットを買い終わって、時間は11時45分チョイ過ぎ。開映時間は12時30分ですから、開映10分前に上映シアターの入り口で待ち合わせる約束をして家内と別行動です。
年末ジャンボ宝くじの発売が終わって、今度は初夢宝くじが売られているはずなので、それを買いに行きます。新京極通りから四条通りに出て、四条河原町のみずほ銀行横の宝くじ売り場で買います。
宝くじを買った後、河原町通りを北進し、ロフトに少しだけ立ち寄ってから映画館に戻ります。
映画館には12時20分チョイ前に戻って来て、待ち合わせのシアターの入り口に向かいます。
今日の上映シアターは、南館4階の10番シアターです。
映画のあらすじ
男女逆転の世が誕生してから数十年。時は元禄、五代目将軍徳川綱吉(菅野美保)の時代。
美しい容姿と才覚を持つ将軍綱吉による巧みな統治手腕によって、これまでにない栄華を誇る徳川幕府であったが、そんな中、貧しい公家の出身ながらも並外れた才覚を認められ、右衛門佐(堺雅人)という男が大奥入りを果たす。
権力闘争をくぐり抜け、綱吉の信頼を獲得し、徐々に力を手にして大奥総取締となる右衛門佐。
一方、一人娘の松姫を亡くした綱吉は政から遠ざけられ、跡継ぎ作りに専念させられ、夜ごと大奥の男達と夜の枕を共にするが一向に懐妊しない。綱吉は、次期将軍の父の座を巡り、陰謀渦巻く大奥で、孤独と不安に苛まれていく。
綱吉は妄執にとらわれた父・桂昌院(西田敏行)に従い、「生類憐れみの令」を発するが、国は乱れていくばかり、、、、、
運命に翻弄され、生きる気力も失った綱吉に右衛門佐が手をさしのべる。そして、ついに二人は心を通わせ・・・・・・・・・・

時の将軍、徳川綱吉は女将軍で、その周りを固める重職も女性がいっぱい。男女が逆転した大奥で繰り広げられる愛憎と野望のドラマです。
きらびやかで豪華絢爛な美術と衣装、そして当時を再現したかのような見事な背景画像。。。とんでもない常識破りのストーリー。。。
演ずる役者さんも豪華で、なかなか見応えのある映画でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報