映画 「妖怪人間ベム」

2012年12月28日(木)


クリスマスも終わり、2012年もあと数日で終わりです。今日は私の誕生日で、お天気はイマイチなのですが多分これが今年最後になるだろう、家内と二人で映画鑑賞です。
お目当ての映画は、「妖怪人間ベム」。上映館は、MOVIX京都。上映時間は、12時15分です。




いつものように、地下鉄京都市役所前(河原町御池)で下車。地下街Zestは早くも新春モードです。時間はまだ11時チョイ前なので、食事にはまだ少し早いし、先にチケットを買いに行くことにします。
三条名店街通り、新京極通りとも新春モードとなってます。チケットを購入してから時間を見ると、まだ11時。お腹もあまり減っていなくて何を食べるかですが、、、、、
映画館から元来た道を少し戻って、結局いつもの回転寿司のお店へ来てしまいました。食べ始めると食欲も出てきて、しっかりと食べてしまってお腹いっぱいです。
食事後、お店を出たのは11時40分頃。開映時間までまだ時間もあることだし、開映10分前にシアター入り口で待ち合わせる約束で、いつものように家内と別行動です。
私は、とりあえずあてもなく新京極通りを南へブラブラ歩いて、四条通りから寺町通りを北進。三条通り西側から元の道(新京極通り)に戻ります。
映画館前に戻って来たのは12時ちょうどくらいで、約束のシアター近くのトイレへ直行。トイレを済ませて出てきたところで家内と合流してシアターへ入場です。
映画のあらすじ
“人間になりたい”と願いながら、人間を守るために戦い続けた3人の妖怪人間、ベム、ベラ、ベロ。
正義の心を持つ妖怪人間3人は、自分たちの身を呈して人間を守るが、人間からは化け物と言われ嫌われ誤解される。その度に彼らは正体を知られないようにあてもなく放浪していた。
そんな彼らがたどり着いた街で連続して不可解な事件に遭遇。事件の謎を追う中、ベロはMPL製薬の新薬開発研究者の娘みちると出会う。そしてベロはみちるに恋心を抱く・・・・・・
みちるにはかつて母がいたが、ある日家族の乗る自動車事故で亡くなってしまうが、そのときに悪の力がしみ込んだ植物の力で“人間妖怪”になってしまう。夫や娘を愛しながら哀しい運命で人間妖怪になったのだった。。。そして、、、、、、、、、、

この「妖怪人間ベム」は、過去にアニメや実写版でテレビ放映されていたのですが、私自身テレビで観たことはありませんでした。
何回か映画館で予告を観ていて、ちょっと観てみたいなぁと思っていたので、今回MOVIX京都のポイントも貯まっていたし、ポイントを使ったら無料で観られるし、、、で、行ってみました。
家内は以前テレビでも観たことがあるようで、「妖怪人間ベムかぁ・・・」と言って観に行くのを少し渋っておりました。
それを聞いた私も、ほとんど期待せず、ポイントで観られることだし、やっぱりイマイチでも良いっかぁと思いながら・・・

・・・で、見終わってから、「思っていたより良かったやん!♪」。。。
なんか得した気分で映画館を後にしました。
帰り道、Zestに戻って来て、今度はケーキのお店「ケーキハウス フリアン」へ。。。
いつだったか忘れてしまいましたが、このお店でケーキを買ったときに、抽選でバースデイケーキが当選していたので、その当選券を持って引き替えに。。。もちろん私のバースデイケーキ(3000円)です♪
それとケーキの割引券(1080円)も持っていたのですが、こちらは有効期限が12月15日までとなっていたのですが、「使っていただいてもかまいません」とのこと♪、ラッキー♪♪♪
もちろん家族全員(6人)にシュークリーム(1個200円)を買って、超過分の120円を支払っただけです。
「12月28日は開運日が重なる大開運日です」というのはホントだったのかなぁ。。。なぁ〜んって。。。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報