3D映画 「オズ はじまりの戦い」

2013年3月12日(火)


今日も家内と二人で映画鑑賞の連チャンです。お目当ては、MOVIX京都、13時5分開映の映画、「オズ はじまりの戦い」です。



地下鉄東西線京都市役所前(河原町御池)に到着したのは、11時10分頃です。
河原町三条の回転寿司のむさしでお昼の食事、このお店の常連さんになってしまいました。
食事後、映画館でチケットを購入。まだ時間は11時55分ですから、開映まで1時間ほどあります。開映10分前にシアター入り口で待ち合わせを約束して家内と別行動をとります。
最近電化商品と言えば、家の近所のヤマダ電機とか、京都駅前のヨドバシカメラなどの家電量販店のお世話になっていますが、昔は電化商品を安く買うなら、寺町電化商店街に行っていたことを思い出し、この電化商店街はどうなっているのかなぁと思って立ち寄ってみることにしました。
この通りには、○○電機とか、○○堂とか、○○無線とかの電化商品のお店が並んでいて、一軒一軒価格交渉をしながら廻って、少しでも安く買えるお店を探したものです。。。
・・・で、行って見ると、昔懐かしいお店の名前が見当たらないばかりか、電化商品を売っているお店がその当時の半分以下になっているような感じです。やっぱり家電量販店に押されてやっていけなくなったのでしょうねぇ。。。
時間を見計らって元の映画館に戻って来ました。開映15分前に戻って来て、まずトイレを済ませてから待ち合わせ場所に向かい、家内と合流です。今日の上映シアターは、北館の4階、5番シアターでの上映となります。
映画のあらすじ
カンザスサーカス一座のオズは、その魅力と口の上手さを武器に、いつか「偉大な男」になることを夢見ていた。ある日、気球に乗り込んだ彼は竜巻に遭遇し、カンザスから魔法の国オズに迷い込んだ。
たまたま彼の名前と魔法の国の名前が一緒だったため、この国の予言に残る「偉大なる魔法使い」だと誤解されてしまう。
西の魔女セオドラの案内で、緑色に輝くエメラルド・シティに着いた彼は、東の魔女エヴァノラから「オズの国を支配する邪悪な魔女から救って欲しい」と依頼され、この国の人々から救世主として敬われる。
財宝と名声にひかれたオズは、案内役の翼の生えた猿のフィンリーと共に邪悪な魔女を探す旅に出る。
その途中、魔女に滅ぼされて粉々になった“陶器の町”で、オズはひとりだけ生き残った陶器の少女を助け、陶器の少女とも旅を続ける。そして南の魔女グリンダに出会うが、本当は南の魔女グリンダは邪悪な魔女ではないようである。
邪悪な魔女とはいったい誰なのか???
偉大な魔法使いではなく、ただのマジシャンであるオズは、どのような作戦で邪悪な魔女に挑むのか・・・・・


映画の始まりの部分はモノクロで横幅の狭い画面で始まり、オズが竜巻に飛ばされて、魔法の国オズに迷い込んだ場面から、カラーで横幅の広い画面に切り替わります。この画面がまた何ともキレイで、本当に魔法の国(夢の国)のような感じです。
更に、奥行きの深い3D映像が素晴らしく、見ていてため息が出そうな映像を見せてくれます。さすがディズニーの映画ですねぇ。。。
メルヘンチックでファンタジーな映像が何とも言えません。ストーリーも夢の世界、映像もカラーも夢の世界で、映画を見終わってからも、何とも言えない心地よさを感じさせてくれる素晴らしい映画でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報