映画 「ラスト・スタンド」

2013年5月5日(日)


ゴールデンウイーク終盤です。今日はコアユ釣りに出撃せず、家内と二人で映画鑑賞です。お目当ての映画は、MOVIX京都12時10分から上映の「ラスト・スタンド」を観に行きます。



いつものように京都市営地下鉄東西線を利用しますが、さすが祭日だけのことはあって、電車の中は人でいっぱいでした。みなさんどこへお出かけなのでしょうかねぇ??? いつも降りる駅、京都市役所前は意外と人が少なかったです。
11時15分頃に河原町三条に到着。映画の前に早めの昼食です。
お腹がふくれたところで、三条名店街を通って新京極へ向かい、MOVIX京都に着きました。
チケットを買い終わった時間は11時35分。開映まで待つにはちょっと長いですが、時間つぶしに歩くにはちょっと短いし、、、 今日はどこへも行かずに館内でパンフレットを見たりして時間つぶしをします。

開映15分ほど前にトイレを済ませてシアターへ向かいます。今日の上映シアターは、北館地下2階の1番シアターです。
映画のあらすじ
元ロサンゼルス市警察の精鋭部隊員のオーウェンズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、麻薬捜査課で大きな実績を挙げるが、同時に7人の仲間を失い、第一線を退いて平和で平穏な小さな町の保安官として静かな日々を過ごしていた。
そんなある日、極悪犯コルテスを極秘で護送する車が、彼の仲間たちに襲撃される事件が発生。護送車から逃亡したコルテスは、そのときのために仲間たちに準備させていた時速400キロメートルという圧倒的スピードとパワーを誇る車を駆り、メキシコ国境へ向けて爆走する。
FBIはパトカーやヘリコプターを駆使し総力を挙げてコルテスを足止めしようとするが、最新鋭の銃火器を備え、訓練されたコルテスの仲間たちに太刀打ちできず、追跡隊は壊滅状態となった。
そのコルテスがオーウェンズたちが住む町を通過するという。
オーウェンズたちは保安官の名誉に賭けてコルテスを迎え撃つべく、町にあるいろいろな武器をかき集めて、住民たちと迎撃準備を整える。
果たしてオーウェンズたちは、圧倒的な劣勢を跳ね返してコルテスを足止めして確保できるのだろうか???

この映画のストーリーは単純でわかりやすいです。
戦闘シーンは残酷と言ってしまえばそれまでですが、いやらしさがなく、スカッとしていて迫力があります。戦闘中のシーンに思わず笑ってしまうような場面もあってなかなかおもしろく、楽しく見られます。
映画を観てスキッとしたい方にはオススメです。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報