映画 「終戦のエンペラー」

2013年8月1日(木)


今日朝起きたときは降っていませんでしたが、湿気が多くて今にも降りそう・・・で、9時頃から雨が降り出してきました。今日も家内と二人で映画鑑賞に行きます。お目当ての映画は「終戦のエンペラー」。MOVIX京都、11時30分からのを観に行きます。



京都市営地下鉄市役所前(河原町御池)に到着したのは10時半頃で、地上に出たときは雨が上がっていました。
三条名店街通りから新京極通りへ、、、、、 8月3日から「京の七夕」ですので、アーケードの上には七夕の飾りが下がっています。
映画館に行って、まずチケットを購入です。今日の上映シアターは、北館4階の4番シアターです。
チケットを買ってから、開映までまだ時間がありますので、映画の始まる前に映画館横のドトールで早めのお昼の食事です。
食事を済ませてから映画館に入ったのが開映15分前。

開映までにトイレを済ませて、シアター前に来てからほどなくして入場案内があり、シアターへ入場します。

今日は平日で、この映画が始まってから数日経っているので空いているかと思っていましたが、意外と観客が多かったです。
映画のあらすじ
1945年8月、日本が連合国に降伏し、第二次世界大戦は終結した。そして連合国軍最高司令官総司令部の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズを伴って日本に上陸した。
日本は米軍の占領統治を経たのち、再び息を吹き返した。誰もが知っている、歴史の1ページであるが、1ページではとても語り尽くせない、驚きの真実が秘められていた。
マッカーサーがボナー・フェラーズに、太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下し、極秘調査が始まり、そして、謎が一つずつ解き明かされていくのであった。

開戦直前に首相が交代したのは何故か?
パールハーバー直前の御前会議で語られたこととは何か?
戦争を始めたのは本当は誰なのか?
終わらせたのは誰だったのか?
玉音放送前夜のクーデターとは?
その放送に込められた天皇の想いは?
連合国側の本音と、マッカーサーの真の狙いは?
マッカーサーと天皇が並ぶ写真が写された理由とは?
そして、崩壊した日本の新たなる礎は、いかにして築かれたのか?


実話を元に。日本再建というテーマを伝えるために企画が立ち上げられたとの映画だそうです。フィクションを織り交ぜての映画ではありますが、いろいろな立場から、そしていろいろな角度から観ることができて、深く考えさせられる映画だと思いました。観る人によっていろんな感想が生まれるだろうと思います。 なかなか見応えのある映画です。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報