映画 「ウルヴァリン SAMURAI」

2013年10月10日(木)


台風が過ぎ去ってから昨日も今日も暑い日ですねぇ。昨日は10月なのに30℃越えの真夏日で、今日も最高気温は30℃、、、来週からは涼しくなるようですが、、、、、こう寒暖差が激しいと身体がついいていきませんで、体調がよろしくない状態となってしまいますねぇ。
今日も家内と二人で映画鑑賞。お目当ての映画は「ウルヴァリン SAMURAI」。開映時間は12時25分。観に行く映画館はMOVIX京都です。




昨日と同じく、京都市営地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で降ります。
三条名店街通りを通って新京極通りの映画館へ、、、 到着は11時半頃です。
まずは映画館でチケットを買って、一旦映画館から出ます。
映画館隣のドトールで少し早めのお昼の食事を済ませ、開映時間10分ほど前にここを出ます。
今日の上映シアターは、南館2階の9番シアターで、先にトイレを済ませてからシアターに入場です。
映画のあらすじ
終戦間近の日本。長崎に原爆が投下され、そのときウルヴァリンことローガンは一人の日本人を救う。
そして月日が経ち、カナダでひっそりと暮らしていたローガンは、その命を救った人物、大物実業家の矢志田に請われて日本を訪れることになる。
東京で病身の矢志田と再会し、ローガンは彼から謎めいた言葉を告げられ、ほどなくして矢志田は病死する。
亡くなった矢志田の葬儀が執り行われるさなか、ギャングたちが襲撃してくる。ギャング達の狙いは矢志田の孫娘のマリコのようだ。ローガンは矢志田の孫娘・マリコを連れ、何とかその混乱から逃げ出す。
しかし、矢志田家に滞在中にローガンは何者かの罠にはまって治癒能力を失ってしまっていた。
執拗にマリコを狙って追ってくるギャング達との戦闘中に、癒能力を失ってしまったローガンは心身ともに凄まじいダメージを受け、初めて限りある命を意識することになってしまうが・・・・・

この映画の公開前に、何回も映画館のCMで「ウルヴァリン」を観ていておもしろそうだなぁと思って公開を待ってはいたのですが、この映画は前作が何本かあっていきなり観ても理解出来るのかなぁと思っていましたところ、たまたまテレビで1作だけ放映され、ビデオに録画してそれを観てから観ることになりました。
・・・で、やっぱり先にテレビで放映されたのを観ておいて正解でした。もし今日初めて観ていたら、物語を理解するのに時間がかかってしまっていたと思います。
この映画の結末が予想外でしたねぇ。。。 エンドロールではこの続きを予感させられるもので、次の新ストーリーの「ウルヴァリン」が楽しみです。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報