映画 「マラヴィータ」

2013年11月26日(火)


今日は家内と二人で映画鑑賞です。前回は11月14日観に行ったのですが、映画を観に行く回数が増えてきたこともあり、今日は久しぶりの感じがします。最近は釣りに行っているより、映画を観に行ってる方が多いような・・・。お目当ての映画は「マラヴィータ」。TOHO CINEMAS 11時50分開映のを観に行きます。



今日は10時過ぎに家を出て、二条駅に着いたのは11時頃です。
映画館のある建物(BiVi)に到着してすぐに1階のパン屋さんでお昼の食事用にサンドイッチを買って、ローソンでお茶を買って・・・・・
エスカレーターで4階のシアターへ、、、そして券売機でチケットを購入します。
映画が始まる前にシアター横で早めのお昼の食事を済ませ、ほどなくしてシアターへの入場案内があり、トイレを済ませてから入場します。
映画のあらすじ
フランス・ノルマンディー地方の片田舎に引っ越してきたブレイク一家。一見したところは普通のアメリカ人だが、、、
実はその一家の主人のフレッドは元マフィアのボスで、フレッドの家族ともどもFBIの証人保護プログラムを適用され、FBIに守られながら偽名を名乗ってフランス各地の隠れ家を転々としてきたのだ。
片や、別のマフィアの一族であるドンは、フレッドに恨みを持ち、殺し屋軍団を雇ってフレッドの命を狙っていた。
ある日、学校に通っているフレッドの息子が宿題で書いた内容から一家の住み家を特定され、殺し屋軍団が襲ってくるが・・・・・


この映画のブレイク一家の主人であるフレッドは、もとマフィアだけに、殺人も暴力も半端ではありませんが、一般の生活の中では、本当に芯からの悪人ではないという感じにも見えます。
フレッドの妻、娘、息子も元マフィアの一家の家族だけのことはあって、買い物先や学校で起こすトラブルは半端なものではありません。
しかし、相手にどのような非があってもやっぱり彼らの行動は許せるものではないのですが、、、、、
そして、最後に一家を皆殺しにするため、殺し屋達が住まいを襲ってきたとき、家族皆が結束して迎打ちます。
その結果は?????

この映画を観る前に、映画館で何度か予告を見ていて、それなりに想像していたのですが、観てみて「ちょっと思っていたのと違うかな?」と言った感じでした。でも、それなりにおもしろかったです。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報