3D映画 「アナと雪の女王」

2014年3月15日(土)


今日も映画鑑賞です。お目当ての映画は「アナと雪の女王」で、MOVIX京都、13時開映の3D字幕版のを観に行きます。



今日はお天気も良く、バイクで家を出て地下鉄醍醐駅の近くの駐車場にバイクを置いて地下鉄に乗って京都市役所前まで行きます。
今日は土曜日なので人出が多いかもと思い、映画館へ早めに着いて、先にチケットを買いますが、11時20分頃に映画館に着いたのですが、さすがに希望の座席を確保できず、中央よりやや通路寄りの座席です。
チケットを買った後、河原町三条東側にある、ラーメン魁力屋で早めのお昼の食事です。
食事後、映画が始まるまで1時間弱時間がありましたので、この辺りを散歩です。 まず、三条通りを東へ、木屋町通りをブラブラと四条通りへ向かいます。
(上の右下案内板の画像をクリックしたら拡大画像を見ることができます)
四条通りを西へ向かって、新京極通りを北へ、、、 そして映画館に到着ですが、まだ時間があったので、1階の長イスに座って手持ちの本を読んで時間潰し、、、
開映10分ほど前にトイレを済ませてシアターに入場します。本日の上映シアターは北館4階の5番シアターです。
映画のあらすじ
運命に引き裂かれた王家の姉妹、エルサとアナの”真実の愛”を描いた感動の物語です。
触れるものを凍らせてしまうという禁断の力を持つ姉のエルサ。その力は時とともにますます大きくなっていく。
エルサはその力で妹のアナを傷つけてしまうことを恐れ、幼い頃から自分の世界に閉じこもって暮らしていた。
ある日、美しく成長したエルサは新女王として戴冠式に臨むが、その式典の途中で自身の持つ力を制御できなくなり、真夏の王国を冬に変えてしまう。
城から逃亡した彼女は、生まれて初めてその禁断の力を解放して、雪と氷を操り、自分だけの雪の王国を作る。愛する者を守るため、本当の自分を押さえ、隠して生きてきたのだが、自分だけの雪の王国の女王となることで、生きる喜びと自由を手に入れることができたのだが・・・・・
一方、妹を守るために姉が払ってきた犠牲と愛の深さを知ったアナは、エルサと王国を救うため、山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出る。


この映画は映画館で予告編を観ているときから気になっておりまして、公開されたら必ず観に行こうと家内と言っていました。
同じ観るなら2Dより3Dで、、、ストーリーもそこそこ良いし、絵もすっごくキレイだし、、、
さすがディズニー映画ですねぇ。。。観ているうちにどんどん絵の中に引き込まれて行き、いつの間にか別世界へ・・・・・
まさにディズニーランドやディズニーシーのゲートをくぐってパークの中に入って、パレードとかショーを観て楽しんだときの感覚です。夢の別世界を感じさせてくれる映画でした。ディズニーファン必見の映画だと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報