映画 「名探偵コナン・異次元の狙撃手」

2014年4月22日(火)


今日は久しぶりに家内と映画鑑賞です。お目当ての映画は、アニメ映画で、TOHOシネマズ二条、13時開映の「名探偵コナン・異次元の狙撃手」です。、



今日は家を出る前に、用事を済ませてから出て、自宅から最寄りの京都市営地下鉄東西線小野駅から二条駅に向かいます。
映画の開映は13時ですが、二条に着いたのは11時チョイ過ぎ頃で、時間がたっぷりありますので、御池通りをブラブラと映画の前の早めのお昼の食事にくら寿司へ向かいます。
くら寿司に着いたのは11時10分頃で、まだ開店間なしです。空席だらけのテーブルに座って、ゆっくり食事ができましたが、食べ終わってレジに支払いに行ったときには、入り口でお客さんが空席待ち状態でした。
平日でも結構お客さんが入っているのですねぇ。。。
食事を済ませてお店を出たのは12時10分頃で、映画が始まるまでまだまだ時間があります。
今日は4月22日で、22は11の倍ですから、11は私にとって特別な意味がありますので、験を担いで夢を買いに行きます。
夢を買った後、映画館のある建物(BiVi)に入って、1階の本屋さんで時間潰し、、、
開映25分ほど前に4階に上がってチケットを購入します。
しばらくしてからシアターへの入場案内があり、トイレを済ませてからシアターに入場します。本日の上映シアターは、通路右側中程の10番シアターです。
映画のあらすじ
高さ635m、日本一の高さを誇るベルツリータワーのオープニングセレモニーに出席し、東京を見渡せる展望台からの景色を楽しむコナンたち。そんな中、別の場所から撃ち放たれた一発の弾丸が、強固なガラス窓を貫通し同席している男性の胸を撃ち抜いた。
騒然とする中、コナンと女子高生探偵・世良真純はFBIを巻き込む形で狙撃した犯人を追い掛けるが、もう少しのところで逃げられてしまう。
FBI、コナン、世良が調べを進めていく過程で、元米海軍特殊部隊ネイビーシールズの狙撃兵と事件の関連が見えてくる。
聞き込み調査を開始する警察、そしてその身辺を捜査するFBI。
それをあざ笑うかのようにコナンの前で第二の狙撃事件が発生する。犯行現場には、狙撃に使ったと思われるライフルの空薬莢とサイコロがひとつ残されていた。
その意味はいったい何なのか???


劇場版の名探偵コナンを見始めたのは、記録には残っていませんが、多分2011年だったと思います。2012年4月が2回目で、次の年の2013年4月にも観に行ってまして、今日で4回目となります。この名探偵コナンはストーリーがおもしろくて、いつ観に行ってもついつい夢中になって観てしまいます。
もちろん今回のもおもしろかったですよ!
来年の今頃にまた上映されるようなので、まだまだ先のことですが、今から楽しみですねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報