映画 「ポンペイ」

2014年6月10日(火)


今日は夕方に来日中の中国の友人と会って夕食の予定があるのですが、その前に映画鑑賞です。お目当ての映画は「ポンペイ」で、TOHOシネマズ二条、12時40分開映です。



今日も出発点は、京都市営地下鉄東西線小野駅で、二条駅で降車します。
二条駅には早めの到着で、先にBiViに行ってまっすぐ4階にあがってチケットを手に入れます。今日はポイントが貯まっていたので、鑑賞料金は無料です。
チケットを買った後、一旦BiViから出て、早めのお昼の食事です。本日もくら寿司で鰻丼を食べました。
食事後、BiViに戻って、シアター横の長イスに腰掛けて開映時間を待ちます。しばらくして入場案内があり、トイレを済ませてからシアターに入場します。本日の上映シアターは、通路右奥の7番スクリーンです。
映画のあらすじ
ローマ人に一族を虐殺されたケルト人騎馬族の生き残りであるマイロは、奴隷となり無敵の剣闘士となった。ある日、マイロはポンペイの有力者の娘であるカッシアの馬を助け、それをきっかけに身分を超えて恋に陥る。
しかし、カッシアはあくどいことで知られる元老院議員コルヴィスと無理やり婚約させられていた。
ちょうどその頃、ベズビオ火山が噴火を始め、溶岩流がポンペイを襲う。溶岩流でポンペイが壊滅する前に、マイロは愛するカッシアを救い出すことが出来るのだろうか???


剣闘士の生死をを賭けた壮絶な戦い。そして、マイロはカッシアを救い出すため、必死で戦うが、その戦いのさなかに火山が噴火して、真っ赤な溶岩が容赦なく襲って来ます。
降り注ぐ溶岩、崩れゆく大地を避けながらの息詰まる戦いのシーンは緊張感たっぷりのハラハラドキドキの連続で、ひとときも画面から目を離すことが出来ません。
そして、終わりを迎えることになるのですが、、、、、
映画を見終えてからは、中国の友人と京阪三条で18時前頃に待ち合わせです。待ち合わせまで時間がたっぷりありましたので、再び地下鉄東西線に乗って、市役所前で一旦降りて、新京極通りや寺町通りを時間潰しに当てもなくウロウロとしてから待ち合わせ場所へ、、、そして友人と合流後、夜の食事を済ませて、まずは買い物のおつきあい。その後、雑談しながら夜の木屋町通りを四条へ、先斗町を三条へ歩いて別れました。次はまたいつ会えるのかわかりませんが、またいつか会える日を楽しみにして・・・・・

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報