3D映画 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

2014年9月16日(火)


9月に入ってから、今日で5本目の映画鑑賞です。今月は観たい映画が何でこんなに多いのだろうと思いながら、本日も家内と二人で映画鑑賞です。お目当ての映画は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」。観に行く映画館はTOHOシネマズ二条です。12時30分開映です。



今日も出発点は京都市営地下鉄東西線の醍醐駅です。今日は二条駅で降車します。
二条に到着したのは10時40分頃でしたから、開映までに時間はタップリです。まず先にチケットを買います。
チケットを買った後、早めのお昼の食事はくら寿司です。映画館のある建物(BiVi)からブラブラと歩いて行きます。
くら寿司でゆっくり食事の後、再び映画館に戻ってきて、シアター横の長イスに座って入場案内を待ちます。
入場案内があってから、トイレを済ませてシアターに入場します。本日の上映シアターは、通路右奥の7番スクリーンです。
映画のあらすじ
ピーター・クイルは幼いときに母を亡くし、その悲しみの中地球から誘拐される。
そして26年の歳月が過ぎ、ピーターは自らを“スター・ロード”と名乗り、宇宙を駆け巡るトレジャーハンターとなっていた。
そんな彼が盗み出したのは、銀河を滅亡させるほどの恐ろしい力を持つオーブだった。盗み出した当初、彼はオーブの秘密を知らず、そのオーブを狙う悪い奴らから追われることになり、刑務所に入れられてしまう。
そして、オーブが悪党の手に渡り、銀河滅亡の危機となってしまう。
その危機を救うべくピーターが手を組むことになったのは、刑務所内で利害の合った宇宙最凶のアライグマや犯罪歴を持ったヤバすぎる仲間たちだった。
この仲間たちとともに、宇宙滅亡を阻止するための戦いに挑むことになるのだった。


ピーターが盗み出したオーブで巨万の富を夢見て、ピーターの周りに一癖も二癖もあるやっかいな連中が集まってきます。
それぞれ利害が合うから一緒に行動をとっているだけですが、物語が進むにつれ、銀河滅亡の危機を救うという、一つの目的で一致して、互いに仲間意識が生まれ、それぞれ命を賭けて戦うというストーリーです。
壮大な宇宙空間での宇宙船戦闘機のバトルシーン。緊張感タップリで3D映像を楽しむことができました。
映画の終わり方からすると、いつの日か第2弾公開となりそうな感じですねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報