映画 「ANNIE/アニー」

2015年1月25日(日)


今日は家内と二人で映画鑑賞です。ここしばらく単独で映画鑑賞でしたが、家内と二人で行くのは1ヶ月ぶりです。お目当ての映画は、「ANNIE/アニー」で、MOVIX京都12時15分開映のを観に行きます。



今日はバイクで家を出て、醍醐の駐輪場にバイクを駐めて、醍醐駅から地下鉄に乗って京都市役所前で降車します。
いつものように徒歩で河原町御池から三条へ、、、三条名店街通りから新京極通りに向かいます。
11時チョイ前頃に映画館に到着して、チケットを購入して座席を確保します。
開映前の早めのお昼ご飯は、久しぶりに寿司のむさしです。
食事後、開映までの時間潰しで映画館の近辺をブラブラして、映画館に戻ってきました。開映15分ほど前にシアターへの入場案内があり、トイレを済ませてからシアターに入場します。本日の上映シアターは、南館4階の10番シアターです。
映画のあらすじ
舞台は現代のニューヨーク。4歳の時にレストランに置き去りにされたアニーは、横暴なハニガンが経営する施設で暮らしていた。そして10歳になった今も金曜日の夜になると迎えに来るはずのない両親を待ち続けていた。
そんなある日、アニーはIT長者でニューヨーク市長の有力候補とされるスタックスに自動車に轢かれそうになったところを助けてもらう。このことがきっかけでスタックスの人気が急上昇する。
アニーの境遇を知った選挙スタッフの提案で、スタックスはアニーを引き取って自分の選挙戦を有利に進めようと利用する。
アニー自身も有名になって両親に会えるかもしれないと思い、利害が一致したところで選挙戦に協力する。
お互いを利用する目的で一緒に暮らしていたのだが、次第に二人の心に絆が芽生え始め・・・・・スタックスがアニーを養女に迎え入れようと決心した時に、アニーの実の両親が名乗り出てくるのだが・・・


不幸な境遇にあるアニーですが、持ち前の前向きな明るい性格で周りの人々と接しています。そんなアニーと接している周りの人々もそんなアニーに感化され、本当に大事なものに気づき、本来の愛のある自分自身を取り戻して行きます。
この映画の終わりはもちろんハッピーエンドとなりますが、この映画を観て、元気と希望がもらえます。そして感動しました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報