映画 「チャーリー・モルデカイ」

2015年2月10日(火)


今日は家内と二人で映画鑑賞です。お目当ての映画は、「チャーリー・モルデカイ」です。



TOHOシネマズ二条、11時50分開映のを見るつもりで、醍醐駅から地下鉄に乗って二条で下車します。
10時40分頃に二条に着いて、早めのおひるの食事をなか卯で済ませますが・・・・・
食事中にスマホで開映時間の確認をしたところ、11時50分開映は合っていたのですが、吹替版であることに気がつきました。字幕版を希望していたので困ったなぁということになり、字幕版の開映時間を見ると14時20分です。MOVIX京都の方は? 字幕版で13時20分開映です。今から移動しても十分過ぎる時間で、こちらより時間も早いので、MOVIX京都へ移動することにしました。
二条で食事を済ませてから、今度は二条駅から地下鉄で京都市役所前(河原町御池)まで後戻りです。
地下鉄を出てから河原町通りを北へ向かい、三条名店街通りを通って新京極通りへ向かいます。
映画館に到着したのは11時50分頃でしたから、開映時間の13時20分まではたっぷりと時間があります。
とりあえず先にチケットを購入してから開映10分前くらいにシアターの入り口で待ち合わせる約束をして、家内と別行動です。
↑↑↑ 画像をクリックしたら拡大画像を見ることが出来ます ↑↑↑
映画館から新京極通りを南に歩き、四条通りを東に向かい、先斗町を歩きます。何回もこの先斗町に来ているのですが、映画鑑賞で待ち時間がたっぷりあったときは、ついつい先斗町を歩いてみたくなります。
↑↑↑ 画像をクリックしたら拡大画像を見ることが出来ます ↑↑↑
先斗町を歩いた後は新京極に戻って来て、今度は錦天満宮から錦市場をブラブラと歩きます。
開映20分ほど前に映画館に戻ってきました。とりあえずトイレを済ませて入場案内を待ち、入場案内があってからシアター前で家内と合流です。本日の上映シアターは、北館6階の6番シアターです。
映画のあらすじ
イギリスのオックスフォードで、ゴヤの幻の名画が何者かに盗まれた。
うさんくさいちょびヒゲをたくわえたうんちく好きの美術商、チャーリー・モルデカイは、イギリスの諜報機関MI5に盗まれたゴヤの名画の捜索の依頼を受け名画の捜索に乗り出す。
使用人で最強の用心棒でもあるジョックと共に、モルデカイは盗まれた名画の行方を追う。
ところがその名画には世界中を驚がくさせる財宝の謎が隠されていたことから、マフィアや国際テロリストも絡む争奪戦に巻き込まれていくことに・・・・・


中身はそれほど濃い物語でもなく、下ネタ有りの下品なシーンもあってふざけた映画ですが、同じふざけでも最初から最後までふざけていて、ここまでおふざけを徹底したらそれなりに見られます。
また、ジョニー・デップの演技がおもしろくて見ていても本当におもしろく楽しく見られる映画だと思います。
笑っているうちに時間が過ぎました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報