映画 「ラン・オールナイト」

2015年5月21日(木)


昨日・一昨日は釣りでしたが、今日は家内と2人で映画鑑賞です。お目当ての映画は、劇場の予告編を何回も観ていて、始まったら観に行こうと楽しみにしていた映画、「ラン・オールナイト」です。MOVIX京都、11時30分開映のを観に行きます。



今日は帰りに買い物が多く、いつものように私のバイクで二人乗りでは荷物が全部運べるかどうか心配だったので、私と家内と別々にバイクに乗って、醍醐のアルプラ横の駐車場にバイクを2台駐めて地下鉄に乗って京都市役所前(河原町御池)まで行きます。
河原町通りを南に歩き、いつものように三条名店街通りを通って映画館のある新京極通りへ向かいます。
映画館には10時25分頃に到着しました。開映まで1時間強ありますが、先にチケットを買ってしまいます。
チケットを買った後、映画館お隣のドトールに入って、お昼には少し早いですが、早めのお昼の食事を軽く済ませて、開映15分ほど前までここで時間潰しをしました。
ドトールを出てから映画館に戻り、エレベーターに乗って上映シアターに向かい、シアターに入る前にトイレを済ませてから入場します。 本日の上映シアターは、北館6階の7番シアターです。
映画のあらすじ
マフィアのもとで暗躍するすご腕の殺し屋ジミーは、自分の仕事のために家族を捨て、一人息子のマイクとも疎遠になっていた。
ある日、殺人現場を目撃してしまったマイクは命を狙われることになってしまう。そして息子はその犯人に銃口を向けられ、殺されそうになったところをジミーが犯人を射殺して息子(マイク)を救うのだが、その射殺した相手は、NYを牛耳るマフィアのボスの息子ダニーであった。
マフィアのボスのショーンとジミーは固い絆で結ばれた親友であったが、このことがきっかけとなり、息子を殺されたショーンは、嘆き、怒り、ジミーと彼の息子を殺すことを宣言する。
タイムリミットは夜明けまで。買収された警察、暗殺者、一般市民や隣人まで、周りの者は敵ばかり。果たしてジミー親子は逃げ切ることが出来るのか???


映画に出ているリーアム・ニーソンが出演する映画は、過去に数本観ていますが、中でも印象に残っているのは、「96時間」シリーズと「フライト・ゲーム」で、どの映画も緊張感タップリで、ハラハラドキドキを楽しませてもらいました。
・・・で、、、今回観た「ラン・オールナイト」も期待して観たわけですが、今日も期待通り緊張感タップリのハラハラドキドキを十分に楽しませてもらいました。
聞くところによれば、このリーアム・ニーソンは62歳なのですねぇ。
映画の中では、かなり激しい格闘シーンや走るシーンがたっぷりありますから、いくら映画だとしても体力的には大変だっただろうなぁ思いました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報