映画 「S −最後の警官−」

2015年9月10日(木)


久しぶりの映画鑑賞です。今日は単独だし、帰りに買い物の用事もないし、家から歩きで行きます。
最寄りの小野駅から地下鉄東西線に乗って、京都市役所前で下車します。今日のお目当ての映画は、「S −最後の警官−」で、映画館はMOVIX京都、10時30分開映です。




京都市役所前(河原町御池)から、いつものように河原町通りを南下します。
三条名店街通りを通って、映画館のある新京極通りへ向かいます。
映画館に到着後、まずチケットを買って鑑賞席を確保です。開映までずいぶん時間がありましたが、どこへも行かず、1Fの長イスに座って開映時間を待ち、開映15分ほど前にトイレを済ませてからシアター前に行きます。
ほどなくしてシアターへの入場案内があり、シアターに入場します。本日の上映シアターは、北館4階の4番シアターです。
映画のあらすじ
SAT(警視庁特殊部隊)とSIT警視庁特殊犯捜査係)双方の特徴を併せ持ち、NPSこと警察庁特殊急襲捜査班が3番目の“S”として新設された。
NPSは、生死を問わず犯人を制圧する方法ではなく、生かしたまま身柄を確保するというポリシーを掲げており、日本の治安を護る新たな砦として世間から注目を集めていた。
人々は普段と変わらない生活を送り、平穏な日々を過ごしていたが、そんなある日バスジャック事件が発生する。
一方プルトニウムを搭載した大型の輸送船が太平洋沖で何者かに乗っ取られた。この二つの事件には関連性があった。
乗っ取られた輸送船は、向きを変えて東京湾にやってきた。乗っ取り犯は何者で、いったい何を考えているのか?
もし船のプルトニウムが爆破されたらとんでもない事態となる!日本壊滅へのカウントダウンが進む中、この国と愛する人たちの未来のため、最後の「S」作戦が実行される!


格闘シーン有り、銃撃シーン有りで、迫力満点。久しぶりにハラハラドキドキ、、、スリル満点で緊張感いっぱいの気分を味わってきました。結構楽しめる映画だと思います。
今日の映画は開映時間が早かったので終了時間も少し早くて、12時40分終了でした。・・・で、今日の昼食はいつもより遅めでした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報