映画 「カリフォルニア・ダウン」

2015年9月17日(木)


朝から雨が降っています。今日は単独で映画鑑賞です。お目当ての映画は「カリフォルニア・ダウン」で、観に行く映画館はMOVIX京都、10時20分開映のを観に行きます。



雨が小降りの間に家を出て、最寄りの小野駅から地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で降ります。
開映1時間以上前に三条に到着し、三条名店街通りから新京極通りへ向かいます。時間が早いこともあってお店はどこも開いていないし人通りも少ないです。
9時10分頃に映画館に到着しました。開映までまだ1時間ほどありますねぇ。先にチケットを買って座席を確保します。
開映までまだ早いし、今日は朝食が早かったので、映画の終わる時間までにお腹が空くかもしれないし、映画館隣のドトールで時間つぶしがてらに小腹を膨らせておこうと思います。
開映15分ほど前にドトールを出て、映画館1Fでトイレを済ませてからシアターに向かいます。本日の上映シアターは、北館4階の4番シアターです。
映画のあらすじ
ロサンゼルスの消防局に所属する凄腕のレスキュー隊員でヘリコプターのパイロット、レイは、わけあって妻(エマ)とは別居中だった。休みの日に別居中の娘(ブレイク)と会うため妻の家に向かう途中で巨大地震が発生する。とりあえず娘に頼まれていた自転車だけ届けてレイは仕事に戻る。
一方妻のエマはママ友たちと高級レストランで食事中、レイからの電話で会話しているその時に巨大地震に襲われる。
レイは本部に許可を取って妻を助けにレストランの建物へ向かい、建物が今まさに崩れ落ちようとする瞬間に危機一髪エマを救い出すことができた。
そして落ち着いたところで、今度はサンフランシスコに行っている娘のブレイクから助けを求める電話が入る。そこも巨大地震に襲われて、ブレイクは車に閉じ込められて身動きできないという。
レイとエマは、今度は二人で娘を救出に向かう。
ブレイクはサンフランシスコで知り合った兄弟に車から救出され、何とか父と連絡を取って待ち合わせ場所に兄弟とともに向かうのだが、次々と起こる地震、そして津波に襲われることに・・・・・

一方ブレイクの救出に向かったレイとエマもいろいろトラブルに見舞われて、ヘリ→車→セスナ機→パラシュートによる降下までして、サンフランシスコ・ジャイアンツの球場へ到着、そこでボートを調達して娘たちを探しに行くが、途中で津波の襲来があったりと・・・・・

映画が始まったとたんに迫真の危機一髪シーンから始まって、巨大地震が起きてからは、次々と危機一髪のシーンの連続で、観ていても身体は固まってしまって本当に緊張しっぱなしです。
大地震が発生して、建造物の倒壊、大規模の地割れ、津波発生等々、、、どの場面も映画館の大きなスクリーンに次々と展開されて迫力満点です。私自身2Dで観たのですが、3D上映もあったのですが、3Dで観たほうがもっと良かったのかもしれませんねぇ。
映画が終了したのは12時30分チョイ前です。映画を観る前にちょっと食べていたのですが、帰りにすき家さんに立ち寄ってお昼の食事をしてから帰りました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報