映画 「進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド」

2015年9月22日(火)


9月に入ってから6本目の映画鑑賞です。今日も単独での鑑賞で、お目当ての映画は、8月11日に観た映画の続編で「進撃の巨人 PART2」です。前回はTOHOシネマズ二条で観ましたが、今回はMOVIX京都で、11時5分開映のを観に行きます。



今日も歩きで家を出て、最寄りの小野駅から地下鉄東西線に乗って、京都市役所前(河原町御池)まで行きます。
いつものように河原町御池から河原町通りを三条まで歩き、三条名店街通りから映画館のある新京極通りへ向かいます。
映画館には10時少し前に到着して、鑑賞席を先に確保です。今日は祭日なのでお目当ての席に座れるかどうかと思っていましたが、少し早めに映画館に来たこともあって、ほぼ希望の席が確保できました。
映画が終わるのが12時40分なので、今日も朝食が早かったこともあって、映画の前に映画館横のドトールで中食です。
新京極通り 四条通り
四条から寺町通りに入ったところ 寺町通りを三条から御池に向かうところ
本能寺の門と境内
食事を終えてからも開映までまだ十分時間があったので、今日も映画館の近辺を時間つぶしに散歩します。
新京極を南へ歩いて、四条通りまで出てから今度は寺町を北へ向かい、御池通りの手前の本能寺の境内を通って河原町通りに出て、ロフトの横を通って映画館に戻ります。
開映15分ほど前に映画館に戻り、先にトイレを済ませてからシアター前で入場案内を待ちます。ほどなくして入場案内があってシアターに入場します。本日の上映シアターは、南館4階の10番シアターです。
映画のあらすじ
100年以上前に人類を捕食する巨人が現れ、ほとんどの人類は巨人に食べられてしまった。生き残った人類は、巨大な塀を築き、その限られた塀の中で暮らしていたのだが、ある日その塀が壊され、次々と巨人が塀の中に押し寄せ、人類を捕食し始めるのだった。
生き残ったエレンは、調査兵団に入り、壊された壁の修復に向かうが、巨人の急襲に遭って窮地に陥る。そのとき仲間のアルミンが巨人に食べられそうになり、エレンはアルミンを助けに行くが巨人に飲み込まれてしまう。誰もが絶望的になったとき、謎の黒髪の巨人が現れ、周りの巨人を倒していくのであった。そして巨人は力尽きて倒れるが、その巨人の中からエレンが出てくる。
←ここまでが前作。
その謎の巨人の中から現れたのがエレンで、人間に戻ったエレンは味方の兵士に捕らわれ、今まさに処刑されようとするときに、別の謎の巨人に救われる。
救われたエレンはあるとき巨人になり、壊された塀の修復のため、塀の上に爆弾を仕掛けに行く。その爆弾を仕掛けた後に別の謎の巨人が現れ、その修復のための爆破を阻止しょうとする。
果たしてエレンたちは穴の開いた壁を修復して、巨人の侵攻をくい止めることができるのだろうか?????


今回の「進撃の巨人」で、どうして巨人が誕生することになったのか、その謎がわかるようになります。
そして映画が終わった後に、次に続くことを示唆するような場面があります。この映画はまだ続きがありそうですねぇ。
それなりに楽しめる映画ではありますが、相変わらずグロイシーンも多いですから、それが苦手な方にはおススメできません。
映画が終わってから帰りに向きますが、時間を見ると12時50分です。今日も河原町三条のすき家さんで昼食を済ませてから帰りました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報