MX4D 3D映画 「バットマンVSスーパーマン」

−ジャスティスの誕生−

2016年3月29日(火)


今日は朝から晴れていてお天気も良く、午前中は家内と用事と買い物を済ませて、お昼過ぎから映画鑑賞です。お目当ての映画は、「バットマンVSスーパーマン」。TOHOシネマズ二条、13時10分開映のを観に行きます。本日の映画はMX4D+3D映画なので、体感型の映画となりますから、観るというより体感すると言った方が合っているかもです。



バイクで家を出て、出発点はいつもの醍醐駅です。ここ最近桜が咲き始めていることもあり、地下鉄出口にあるバス停には醍醐寺に行くと思われる観光客が列を作ってバス待ちをしています。
私たちはここから地下鉄に乗って二条駅に向かいますが、地下鉄も人がいっぱいでした。醍醐〜烏丸の間はいつもより乗客がかなり多かったです。多分京都の観光名所に行かれる方がほとんどだと思います。
12時10分ほど前に映画館に到着して、チケットを買って鑑賞席を確保します。MX4Dの特別料金は、通常料金+1200円+3D料金300円となります。また3D映画ですから、3D専用メガネを持っていなければ、別途100円必要となります。
チケットを買った後、開映までまだ1時間ほどあったので、先にお昼の食事をくら寿司で済ませます。12時頃に行ったので待ち時間が20分ほどありましたが、問題なくゆっくり食事を済ませることができました。
食事後、再び映画館に戻ります。戻って来た時間は上映15分ほど前で、トイレを済ませてからシアターに入場します。本日の上映シアターは、通路右側、一番奥のスクリーン7番です。
映画のあらすじ
幼い頃に目の前で両親を殺害され孤児となってしまった大富豪のブルース・ウェインは、犯罪と戦う世界最強の超人、バットマンとして犯罪一掃に力を注いできた。
一方、クリプトン星からやって来たスーパーマンは、自身の持つ超人的能力で人類のためその能力を惜しみなく使ってきたが、その強大な破壊力ゆえに人々から非難を受けるようになってくる。
バットマンもスーパンマンのその力に疑問を持つ一人であった。バットマンもスーパーマンもお互い正義のため戦っているのだが、お互いの正義に疑問点が・・・・・
そんな中、スーパーマンがある一人の実業家の罠にはめられることで誤解が生まれ、バットマンとスーパーマンが対峙することになってしまう・・・・・


バットマンとスーパーマンが戦った場合、どう考えてもスーパンマンの勝ちと思いながら、どんなストーリーとなって行く映画なのかなぁと思いながら観ていました。結局は別の敵が現れて誤解が解けて、味方が増えて協力して戦うというストーリーと展開していきましたが、意外な終わり方でした。そして、またこの続きが展開され、いつの日か続編が公開されることを思わされました。
上映時間は152分と長い映画でしたが、終わってみるとそれほど長いと思いませんでした。

・・・で、MX4Dですが、座席が前後左右に揺れたり傾いたり、振動が伝わって来たリ、エアーが吹き付けられたり匂いがしたり・・と、格闘場面、カーチェイス等々をいろんな動きや振動などで表現してくるのですが、、、う〜〜ん・・・という感じですねぇ。
初めのうちは、その動きのため何となく落ち着いて映画の中に入って行けませんでした。それと、この映画は日本語吹替えだったのですが、考えようによってはそれで良かったのかもしれないと思いました。
MX4Dはそれ用に映画を作られていないと無理があるのかもしれません。例えば主人公の目線での映像であれば迫力を感じておもしろいと思いますが・・・でもそれだと主人公が画面に登場する機会が減りますからねぇ。映画としては成り立たないのかもしれないですねぇ。
ディズニーランドのアトラクションで、スターツアーズに入った方はご存知と思いますが、あれはまさにMX4D向きの映像だと思います。でもあんなのが2時間も続いたら身体が持ちませんからねぇ。

TOHOシネマズ二条では、この映画をMX4D以外に2Dの普通の映像でやっているシアターと、IMAX3Dでやっているシアターとがありますから、迫力を映像とサウンドで楽しむのなら、IMAX3Dで十分だと思いました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報