映画 「スーサイド・スクワッド」

2016年9月17日(土)


今日も単独で映画鑑賞です。今日のお目当ての映画は、MOVIX京都、11時20分開映の「スーサイド・スクワッド」です。



今日は開映時間が少し遅めですので、家を出た時間も遅めです。いつものように小野駅から地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で下車します。
電車を降りてからは、ゼスト御池→河原町通り→三条名店街通り→新京極通りへと歩きます。
映画館には10時過ぎ頃に到着して、まずはチケットを買って鑑賞席を確保します。
↑↑ 案内版の画像をクリックしたら、拡大画像を見ることができます。 ↑↑
チケットを買った後、開映時間までまだまだ時間がありますので、元来た道を一旦戻って、河原町三条のすき家さんで早めのお昼ご飯(実際には朝食セット)を済ませ、食事後に時間つぶしに新京極と寺町京極をウロウロしてから映画館に戻ることにしました。
開映15分ほど前に映画館に戻ってきて、トイレを済ませてからシアター前で開映時間を待ってからシアターに入場します。本日の上映シアターは、南館6階の11番シアターです。
映画のあらすじ
物語の舞台はゴッサムシティー。世界崩壊の危機が訪れ、政府は服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。
そのメンバーは、スナイパーのデッドショット、狂人風の美女ハーレ・クイーン、炎を手から発射するエル・ディアブロ、ブーメラン使いの泥棒キャプテン・ブーメラン、爬虫類の体を持つモンスター的存在のキラー・クロック、日本から剣使いの名手の女子・カタナ等・・・
彼らのミッションは、フラッグのカノジョでもある考古学者ジューン・ムーアに取り憑いた悪魔を撃退することにあった。この悪魔は彼女のみならず、様々な人間に取り憑いて、ゴッサムの街を破壊して行くのだった。
このスーサイド・スクワッドの連中は、ミッションを成功させればそれぞれの刑が減刑されたり、獄中での待遇が良くなったりするが、作戦の失敗とか、途中で逃亡したり、命令に逆らったりしたら首に着けてある高性能の小型爆弾が爆発して命を落とすことになる。果たして、彼らは与えられたミッションをクリアすることができるのか???


今日観た映画は公開前の予告編を観ていたときからおもしろそうと思っていて気になっていた映画で、久しぶりに派手なアクションシーンの多いハラハラドキドキの映画を楽しんできました。
特に深く考えずに楽しんで観ることができて、ほぼ期待通り楽しませてもらいました。いずれ2作目が出てくるかもしれませんが、もし次が出たら観に行っても良いかなぁと思える映画でした。世界崩壊の危機が訪れた場合、正義のヒーローがそれを救うというのがこれまでの常識のようなものがあったのですが、この映画では悪人の集団がそれを救うという設定なんですよね。こんなのもアリでなかなかおもしろかったです。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報