映画 「ドクター・ストレンジ」

2017年1月27日(金)


今日の映画鑑賞は家内と二人です。お目当ての映画は、「ドクター・ストレンジ」、本日公開されたばかりの映画です。TOHOシネマズ二条、11時10分開映の2D字幕版を観に行きます。



9時半頃にバイクに乗って家を出て、いつものごとくアルプラ横の駐輪場にバイクを置き、醍醐駅より二条駅まで地下鉄東西線に乗って行きます。
電車を降りてから地下通路を通ってJR二条駅西口前にあるBiVi(映画館のある建物)へ・・・BiVi4階のシアター前にある自動券売機でチケットを発券します。
映画の終了時間が13時20分なので、少し早めのお昼の食事を済ませるため、まず1階のパン屋さんでサンドイッチを買って、飲物は1階のローソンで買います。そして2階のゲームセンター前にあるテーブル席に座って早めのお昼の食事です。
開映15分ほど前に4階のシアター前に戻り、トイレを済ませてからシアターに入場します。本日の上映シアターは、通路左側、手前から2番目のスクリーン2番です。
映画のあらすじ
ごう慢だけど天才的な外科医のドクター・ストレンジは、地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、ある日自身の運転する車で事故に遭遇し、その事故のせいで腕に大怪我を負ってしまい、手術をする腕を失ってしまう。
彼は、神の手と言われるその手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すがその手が戻ることがなかった。
そんなある日、チベットにどんな傷でも治せる魔術師がいることを聞いたストレンジは、そこへ向かい、その魔術師エンシェント・ワンの元で過酷な修行を積んでいくうちに人智を越えた力を得ることができたのだが・・・・・


この映画のスゴイところは、バトルシーンで、魔術の力により現実世界の高層ビル群や街はねじ曲がり、折りたたまれ、分割されたり、周りの風景が目まぐるしく変貌していく場面です。ともかくスゴイですね!まるで万華鏡の中に放り込まれたような感覚です。
どのようにしてあんなシーンが撮れるのか見てみたい、聞いてみたいですね。
今日は2Dで観てきましたが、もし3Dで観たら目が回って気分が悪くなりそうな気がしました。
多分いつの日か2作目が上映されると思うのですが、次も観に行きたいですねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報