映画 「マグニフィセント・セブン」

2017年2月2日(木)


今日も単独で映画鑑賞です。お目当ての映画は、「マグニフィセント・セブン」で、MOVIX京都、9時10分開映のを観に行きます。



8時数分前に家を出て、歩いて小野駅まで行き、地下鉄東西線に乗って京都市役所前で降車します。
電車を降りてからは、ゼスト地下街→河原町御池→河原町三条→三条名店街→新京極と歩きます。
映画館に到着したのは8時40分チョイ過ぎで、チケットを購入して鑑賞席を確保します。
チケット購入後、約10分ほど映画館の近所(寺町京極→新京極)を歩きます。
開映15分ほど前に映画館に戻り、トイレを済ませてから入場案内があったばかりのシアターに入場します。本日の上映シアターは、北館4階の4番シアターです。
映画のあらすじ
冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町:ローズ・クリークの町の人々は絶望を感じながら生きている。その町の住民の一人であるエマ・カレンの家族はボーグに殺される。
この荒れ果てた町にやって来たのは、賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュだった。カレンはサムに声をかけて、報酬を払うからこの町の正義と殺された家族の復讐のためボーグから町を救ってくれるよう頼むのだった。
そしてカレンが雇い主となり、サム、ジョシュ達は仲間を探しに出かけ、拳銃、斧、ナイフ、弓矢などの達人である7人のアウトローが集まり、戦う意思のある住民たちと一緒になって戦うことになる。
しかし圧倒的な人数と武器を誇るボーグ達を相手に、多くの犠牲者を出し、命がけの壮絶な戦いとなるのだった・・・


黒澤明の傑作「七人の侍」と同作をリメイクした「荒野の七人」を原案にした西部劇とのことで、既に映画館の予告編を何回か見ていておもしろそうだったので楽しみにしていて観に行きました。
西部劇を観るのは本当に久しぶりです。・・・で、結構おもしろく楽しんで観ることができました。
しかし、結構暴力的で、簡単に人殺しをする場面が多くありますから、観るには注意が必要かもしれません。あくまでエンターテインメントとして楽しまれることをおススメします。
映画を観終えて映画館を出てきたのは11時40分チョイ前でした。今日のお昼の食事は、河原町通りの三条と四条の中間辺りにあるサイゼリヤです。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報