映画 「LOGAN/ローガン」

2017年6月8日(木)


前回の映画鑑賞から一週間経ちます。今日も単独で映画鑑賞に行きます。お目当ての映画は、MOVIX京都13時開映の「LOGAN/ローガン」です。



今日はアルプラに用事があり、10時15分頃にバイクで家を出発し、アルプラ横の駐車場にバイクを置いて、用事を済ませてから早めのお昼ご飯をダイゴロー西館3階のかつ屋さんで済ませます。
食事後そのまま地下まで下りて、醍醐駅から市営地下鉄東西線に乗って京都市役所前で降車します。
電車を降りてからは、ゼスト地下街の河原町広場を通って地上に上がり、河原町通りから三条名店街通り、新京極へ向かいます。
11時25分頃に映画館に到着し、チケットを入手して鑑賞席を確保します。
映画が始まるまでまだ時間があったので、新京極通りを南へ、四条通り→河原町通りをブラブラ歩きます。
映画館には開映15分ほど前に戻ってきました。先にトイレを済ませて、入場案内があると同時にシアターに入場します。本日の上映シアターは、南館6階の12番シアターです。
映画のあらすじ
大多数のミュータントが死滅した近未来。長年の激闘によって心身ともに疲れ切ったローガンは、超人的な治癒能力を失いつつあり、不死身の身体ではなくなりつつあった。
彼は雇われのリムジンの運転手とし日銭を稼ぎ、メキシコ国境近くの廃工場でひっそりと暮らしていた。その廃工場には、衰弱しきってスーパーパワーをコントロールできなくなってしまったチャールズ・エグゼビアと、太陽光の下では生きられないミュータントのキャリバンもいた。
ある日、ローガンは看護師のガブリエラから助けを求められる。ローラという謎めいた少女をノースダコタまで届けてほしいと言うのである。図らずもローラを保護することになったローガンは、このローラを狙う武装集団から襲撃を受け、それを切り抜けてローラとともに逃走する。
このローラこそ、ミュータントが生き残るための最後の希望となるのである。そしてローガンはこのローラを守り抜くため命懸けで武装集団と対峙するのだった。。。


超人的な治癒能力を持った不死身のウルヴァリンが老いてその能力を無くしていく中、身体に瀕死の傷を負いながらもミュータントの未来のためローラを守り抜くため、命懸けで凄絶な戦いに挑んで行く姿が本当にスゴイです。
予告編を観ていたとき、おもしろそうと思って気になっていて今日観たのですが、思っていた以上に良かったです。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報