<< IMAX 3D >>
映画 「トランスフォーマー」

最後の騎士王

2017年8月10日(木)


今日は朝からいろいろ用事があって、映画を観に行くのは諦めていたのですが、思っていたより用事がはかどって早く終えることができたので映画に行くことにしました。今日も単独で映画鑑賞です。お目当ての映画は、「トランスフォーマー 最後の騎士王」で、同じ観るなら迫力のあるIMAX3Dで観たいので、TOHOシネマズ二条、13時35分開映のを観に行きます。



開映時間が午後からだったので、家を出る前にお昼の食事は家で済ませてから、歩いて最寄りの小野駅へ行き、地下鉄東西線に乗って二条駅で下車します。
電車を降りてからは地下道を通って、JR二条駅西口のBiVi(映画館のある建物)に向かいます。
開映30分ほど前に映画館に到着し、自動券売機でチケットを購入してからしばらく待って、トイレを済ませてからシアターに入場します。本日の上映シアターは、通路右側中ほどにあるスクリーン10番です。
映画のあらすじ
物語の始まりは、中世のイギリスが舞台となる。
アーサー王は円卓の騎士達との戦闘の中、オートボットの騎士達から授けられた魔法の杖の力で勝利する。
そして現代、オプティマスのいない地球では、凶悪なメガトロンが蘇り、強力な軍団を形成し、バンブルビーはオートボットのリーダーとして人類と共に抵抗していたが苦戦していた。
事態を収束すべく、発明家ケイド・イェーガー、オートボットを率いるバンブルビー、謎の多い貴族の老人、オックスフォード大学の教授によるチームが結成される。
そんな中、オプティマスが帰って来るがどうも様子がおかしい。眼から不気味な光を放ち、“ダーク・オプティマス”という感じの姿であった。彼は地球滅亡を企むクインテッサ人に洗脳され悪のトランスフォーマーとなっていたのだった。
地球滅亡までの残された時間は後僅か。果たしてケイドやバンブルビー達は地球を救うことが出来るのか???


最先端のCGと派手なアクションをIMAX3Dの大画面で観る迫力は凄いです!
最前列から3列目の中央の席に座って観ていたのですが、ちょっと前過ぎでした。でも、画面から飛び出てくる映像はすぐ目の前に来るし、音響もスゴイしで、戦闘シーンではハラハラドキドキ、緊張しまくりでした。
やっぱりこの手の映画はIMAX3Dで観るとすごいですねぇ。久しぶりにド迫力映像を楽しむことができました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報