映画 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

2017年9月29日(金)


今日も家内と二人で映画鑑賞に行きます。今日の映画は家内のリクエストにより、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」です。MOVIX京都、10時20分開映のを観に行きます。



お天気も良いことだし、いつものようにアルプラまでバイクで行き、アルプラ横の駐車場にバイクを置いて、醍醐駅から京都市役所前(河原町御池)まで地下鉄東西線に乗って行きます。
ゼスト地下(河原町広場) 河原町通り
三条名店街 新京極
電車を降りてからはいつもと同じく、ゼスト地下街を通って河原町通りから三条名店街通り、新京極通りへと歩きます。
開映の20分ほど前に映画館に着き、自動券売機でチケットを発券後トイレを済ませてからシアターに入場です。本日の上映シアターは、北館2階の3番シアターです。
映画のあらすじ
2012年、古くからの友人たちと悪事をした敦也・翔太・幸平の3人は、逃走の途中、一夜を明かすため今は空き家で誰も寄り付かない廃屋(ナミヤ雑貨店)に忍び込んだ。
その誰も寄り付かないはずのナミヤ雑貨店のシャッターに1通の手紙が落とされた。彼ら3人は慌ててその場を逃れようと外に飛び出して走るが、いくら走っても何故か同じ元の場所に戻ってしまう。
このナミヤ雑貨店の店主は、かつて商売をしながら、客の悩み事相談に回答していて、その回答は店の掲示板に貼り出され、そして深刻な悩みについては店の牛乳箱にひっそりと入れられていたのだった。
その投げ込まれた1通の手紙は、1980年から来た悩み相談の手紙だった。彼ら3人は困惑しつつも、幸平の発案でその過去から来た手紙に返事を書いてみることに・・・
その手紙は“魚屋ミュージシャン”という青年からの悩み相談で、そのやり取りの途中でシャッター越しにその青年のオリジナル曲「REBORN」を聴かされ驚く。そのメロディーは彼らの知り合いでもある人気アーティスト:セリの代表曲であった!
そして次に届いた手紙は、“迷える子犬”という女性からの手紙だった。彼ら3人はその手紙の女性の幸せを願って、ある重要なアドバイスを送る・・・
しかし彼ら3人は、この時点では自分たちとナミヤ雑貨店とのつながりをまだ知らない。32年前の今日何が起こっていたのかを・・・
時を越えて届く手紙が、敦也達とナミヤ雑貨店の店主をつなげたその瞬間に・・・・・・・・・・


ナミヤ雑貨店の悩み相談と、その回答に関わってきた人々のつながりを経て、この映画の最初のシーンと終わりのシーンがつながります。物語の途中で、いろいろな関連に気付かされ、32年前から届く悩み事相談の手紙に触れる敦也達3人が、一晩の不思議な体験で人として成長するところがすごく感動的でした。
時代を超えた手紙がつなぐ、人と人のあたたかい交流が素敵です!
映画を観終えて映画館を出たのは12時50分頃でした。今日は夕方18時頃より家族揃って回転寿しへ夕食の予定なので、お昼にあまりたくさん食べると夕食時間にあまり食べられないかもしれないとい思い、今日のお昼の食事はゼスト河原町広場のパン屋さんで軽く済ませました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報