映画 「亜人」

2017年10月2日(月)


今日の映画鑑賞は単独で行きます。お目当ての映画は、MOVIX京都、9時10分開映の「亜人」です。



朝から雨が降っていて、傘をさして家を出、最寄りの小野駅より地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で降車します。
ゼスト御池(河原町広場) ゼスト御池(寺町広場)
寺町御池(本能寺) 寺町通り
三条名店街通り 新京極通り
電車を降りてから映画館までは、いつもより僅かに遠回りになりますが、ゼスト地下街を通って河原町広場から寺町広場まで歩き、そこから地上に出て、寺町通り→三条名店街→新京極へと向かいます。このルートだと雨が降っていても傘なしで問題なしですからねぇ。
映画館に到着してから、まず自動券売機でチケットを発券します。今日は鑑賞ポイントが貯まっているので無料鑑賞券を発券します。開映時間までまだ少しありますので、長いすに腰掛けてスマホでニュースでも見て時間潰しして、開映15分ほど前にシアター前に行って、トイレを済ませて数分待ってからからシアターに入場します。本日の上映シアターは、北館2階の3番シアターです。
映画のあらすじ
「亜人」とは、命を繰り返す新人類で、姿は人間と全く同じであるが、絶命→蘇生→完全復活と、命をリセットし続けて死ぬことなくいつまでも生き続ける。
病気の妹を救うためため研修医となった永井圭はある日、事故に遭って死亡するがその直後に生き返る。このことで亜人であることが発覚し、国家の亜人研究施設で非人道的なモルモットにされてしまう。
そんなある日圭の前に、人類を敵視する別の亜人のテロリスト(佐藤)が現れ、研究施設から圭は解放されるのだが、圭は佐藤の国家転覆計画に加担せず別行動をとる。
やがて佐藤は人類を敵にまわして計画の実行に入るが、暴走する佐藤を止めるため、圭は立ち上がる。


人類と亜人、亜人と亜人の壮絶なバトルシーンがスゴイです。
人類はいろいろ知恵を出し、対亜人策をいろいろ繰り出して戦いますが、不死身の亜人に対しては絶対不利なわけで、次々と犠牲者が出ます。
圭が人類と手を組んで戦いますが、亜人と亜人の戦いはエンドレスの戦いとなりますから、本当に終わりのない戦いとなります。
最後はどうなるのかなぁと思って観ていましたが、いちおうそれなりの終わりでしたが、まだまだ続いても不思議でない終わり方でした。
気になるなぁ〜 と言った感じで、続きがあっても不思議ではないし、続きがあったとしたら、どんなふうな続編になるかが気になるところです。 ・・・で、、、続編って出るのでしょうかねぇ?????
映画を観終わって出てきた時間は11時45分です。今日のお昼ご飯は河原町通りのサイゼリヤでした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報