映画 「鋼の錬金術師」

2017年12月4日(月)


昨日はマル秘ポイントに釣りに行っていましたが、今日は単独で映画鑑賞です。お目当ての映画は、映画館の予告編を観ていて気になっていた映画「鋼の錬金術師」で、MOVIX京都、10時開映です。

今日も歩いて家を出て、最寄りの小野駅から京都市営地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で降車します。
ゼスト御池(河原町広場) 河原町通り
三条名店街通り 新京極通り
電車を降りてからはゼスト地下街を通って河原町通りから映画館がある新京極へ向かいます。
9時40分頃に映画館に到着して、自動券売機でチケットを買ってからシアター前に行き、トイレを済ませてから少し待ってシアターに入場します。本日の上映シアターは、北館2階の3番シアターです。
映画のあらすじ
幼いころに母を亡くしたエドとその弟のアルは、もう一度母に会いたくて母を復活させるため錬金術でタブーとされている“人体錬成”を行ったが失敗に終わる。その代償として、エドは左足を失い、アルは身体全てを奪われてしまう。瀕死のエドは右腕と引き換えに弟アルの魂を引き戻し、近くにあった鎧に定着させた。
それから数年後、エドは失くした体の器官に機械鎧を装着し、国家錬金術師となり、“鋼の錬金術師”と呼ばれていた。
兄弟はそれぞれ失ったものを取り戻すため、“賢者の石”を探す旅に出るのだが・・・・・


この映画が公開されるまでに、何回も映画館で予告編を観ていて気になっていたので今日観に行こうとなったわけですが、、、
実はこの映画の原作はマンガとのことで、原作を知っている息子や嫁におもしろいかどうか聞いてみたところ、原作はおもしろいそうですが、この実写版は“却下”とのことでした。しかし、原作を知らずに観る分には観られるかもということで、結局観に行きましたが・・・
最近はCGと実写の組み合わせでリアルな感じの映像を見ることができるのでまあまあ楽しめたといった感じでした。
でも迫ってくるものがないような感じで、ちょっと物足りないかなぁと感じました。映画ではこんな感じでしたが、もしかしたら原作の方はもっともっとおもしろいのかもしれませんねぇ。。。
映画を観終えて映画館を出てきたのは12時30分でした。今日のお昼ご飯は、映画が終わってから河原町通りのサイゼリヤで済ませ、少しだけこの辺りを散歩してから帰途につきました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報