映画 「ダークタワー」

2018年1月29日(月)


本日は単独で映画鑑賞に行きます。今日観る映画は、MOVIX京都、12時15分から開映の「ダークタワー」です。

歩きで家を出発して、最寄りの小野駅から地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で下車です。
ゼスト御池(河原町広場) 河原町通り
三条名店街通り 新京極通り
電車を降りてからは、ゼスト地下街(河原町広場)を通って地上に上がり、河原町通りを歩いて三条名店街通りから新京極へ向かいます。
映画館に到着後、自動券売機でチケットを発券して、鑑賞席を確保します。
開映までまだまだ時間がありますので、元来た道を戻って河原町三条のすき家さんで早めのお昼の食事を済ませてしまいます。
食事後映画が始まるまで時間がたっぷりありましたので、すき家さんを出てから三条通り→先斗町通り→四条通り→堺町通り→錦通り→新京極通りを散策後映画館に戻ろうと思います。
↑↑↑ 写真は、錦市場です。画像(4枚)をクリックしたら拡大画像を見ることができます。 ↑↑↑
↑↑↑ 写真は、錦天満宮です。画像(2枚)をクリックしたら拡大画像を見ることができます。 ↑↑↑
映画が始まる15分ほど前に映画館に戻り、トイレを済ませて少し待ってからシアターに入場です。本日の上映シアターは、北館4階の4番シアターです。
映画のあらすじ
ジェイク少年は毎晩同じ夢にうなされていた。その夢には、“巨大なタワー”・・“拳銃使いの戦士”・・“魔術を繰る黒衣の男”・・が現れるのだった。
彼はその話を周りに話すが、誰も本気で取り合ってくれなかった。
ある日、ジェイクは現実の世界と夢で見た「中間世界」と呼ばれる異界が時空を超えてつながっている場所を発見する。そして中間世界に導かれたジェイクは、夢で見た“拳銃使いの戦士”=ガンスリンガーのローランドに出会う。彼は2つの世界のバランスを保つ塔(ダークタワー)を守る最後の戦士だった。
夢に出てくる“魔術を繰る黒衣の男”=ウィルターは、ダークタワーの破壊を企んでいて、ガンスリンガーのローランドはその男を倒すため旅を続けていたのだった。
一方、ジェイクこそが唯一タワーを破壊できる特殊な存在であることを気付いた黒衣の男(ウィルター)は、その強大なパワーを求めジェイクたちの前に立ちはだかる・・・・・


現実の世界と異界との間でローランドとウィルターとの戦いは、ウィルターは超能力を繰って、ローランドは拳銃をバンバン撃ってのバトルですが、ローランドの拳銃もどちらかと言えば超能力っぽい感じです。拳銃さばきがスゴイですねぇ。バトルシーンはそこそこ派手で楽しめます。
映画を観終わってから思ったのですが、この映画は何だかゲームのストーリーのような感じで、ビデオゲームにしてもおもしろいかもしれませんねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報