映画 「メイズ・ランナー 最期の迷宮」

2018年6月15日(金)


朝から雨降りですねぇ。今日は家内と二人で映画鑑賞に行きます。お目当ての映画は、本日公開されたばかりの映画「メイズ・ランナー 最期の迷宮」で、MOVIX京都、10時15分開映のを観に行きます。

傘を差すほどでもないのですが、雨が降っていて、今日は一日中降水確率も高いので、歩いて家を出て、最寄りの小野駅から京都地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で降車します。
ゼスト御池(河原町広場) 河原町通り
三条名店街通り 新京極通り
市役所前で電車を降りた後は、いつものように新京極通りのMOVIX京都(映画館)まで歩きます。
開映35分くらい前に映画館に到着して、自動券売機でチケットを入手後、チケット売り場の横の長イスに腰掛けてしばらく時間待ち後、トイレを済ませてからシアターに向かいます。
本日の上映シアターは、北館4階のシアター4です。
映画のあらすじ
謎の巨大迷路を長期間かけて脱出することができたトーマス達は、人類を滅ぼす伝染病の人体実験のサンプルだったことを知る。その後、砂漠での戦いの最中に、テレサの裏切りにより、彼らの仲間のミンホは謎の秘密組織“WCKD”に囚われてしまう。
←ここまでが1〜2作目。
トーマス達は、ミンホを救出するため、彼らに協力する仲間達とともにミンホが乗せられていると思われる列車に奇襲をかけて、激しい戦闘の末、敵の戦闘機を奪って列車一両を切り離すことに成功するが、車内にミンホはいなかった。
一方、破壊的なウイルス(フレア)の感染者が増加する中、ミンホはWCKDの実験室で実験台にされようとしていた。
仲間のミンホを救い出すため、トーマス達はWCKDの本部へ潜入することを決断し・・・・・


この映画は前2作あり、1作目は2015年5月に、2作目は2015年10月に公開されていて、既に2作とも夫婦で観に行っていて、今回の3作目が最終章です。2作目から3作目までの期間が長くて、どんな話だったかなぁと言った感じでしたが、前2作ともおもしろかったという印象が強かったので、今回も観に行きました。

映画が始まった直後から、列車を車で追いかけるシーンあり・・囚われた人々が乗せられている車両を奪うための戦闘シーンあり・・列車を警備する敵との戦闘シーン等々・・ハラハラドキドキの息詰まるシーンが満載です。
ミンホを救出するために、トーマス達はWCKDの本部に潜入しますが、厳重な警備網をくぐって潜入したものの、そこからの脱出するのも並大抵ではありません。間一髪のギリギリで、絶体絶命なシーンも多くあり、片時も目を離すことができません。
この困難を克服するのに、多くの仲間たちの犠牲があり、その犠牲の上に彼らの未来がやって来ます。

今作で「メイズ・ランナー」は最終章で終了ですが、今回の映画も緊張感タップリで、ハラハラドキドキを楽しむことができました。
映画を観終えて映画館を出てきたのは13時前です。本日の昼食は、ゼスト御池のパン屋さんで簡単に済ませて、少しだけ地下街をウロウロしてから元来たルートで帰りました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報